The Nameless City: ストラクチャー製作-1
デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
デジタル関係なくどなたでもご利用頂けます。海外通販などデジタルに関係のない話題もありますので見るだけでも価値があります!
デジタル鉄道模型に興味がある方、すでにデジタル鉄道模型を楽しんでいる方は是非登録して盛り上げてください!
鉄道模型メーカーの方は必読です、現状を知り日本の鉄道模型の発展にご協力ください。

2015年3月4日水曜日

ストラクチャー製作-1

地形を作っていたらやはりストラクチャーを置かないと良くわからない所が
出てきたので先にストラクチャーを建造する事に。


先日少し見せた「みにちゅあーとキット」の駅舎をまずは建造。
初めてなので接着剤がはみ出まくり。
接着剤は楊枝を使用してアクアリンカーを塗ってみた。
駅名看板はカラーレーザープリンターで出力。

そして今日その他のストラクチャーが届いたので建造開始。

五重塔は迫力満点。キットそのものがでかい!

まずは八脚門。

柵の細さが際立つ。レーザーカットのペーパークラフトの素晴らしいところ。
そしてこうして少し残っているゴミを除去、しかし使えそうなので取っておく。


今回は貸していたカメラが帰ってきたのでマクロレンズで製作過程も撮影。
ほんと細かい。


柵の太さを測ってみたら1mm未満で良く分からなかった。
レーザーのおかげか細かくても場所はぴったりくる。


八脚門の柵側の柱がミリ単位で屋根の梁と接続するというギミック。
指で位置を強制したけど、土台をもっと細かく見ておけば問題なかったはず。


完成したので仮置きしてみる。
屋根を微妙に曲げるのが大変だった・・・。


ついでに門から駅舎を見るとこんな感じ。

そして鐘楼も建造開始。

この鐘、輪を重ねて作るけど支えている1mm未満の棒が弱くて差し込むのが大変。
棒の先端をカッターで鋭利にしたあと1個づつはめた。


そしてこちらも完成。
まだ接着剤が見えるけど、だいぶ慣れてきた!

駅舎と八脚門はじっくりやったけど2時間くらい。
鐘楼は1時間かかっていない。
慣れてくればもっと早くなるだろうけど焦りは禁物。

この「みにちゅあーとキット」はほんと楽しい。
慣れればカスタムしても良いかも知れない。
ただそこそこお高いので無理したくない・・・。


0 件のコメント:

コメントを投稿