The Nameless City: Busch 5810 Signalbausatz 組み立て塗装

2017年7月9日日曜日

Busch 5810 Signalbausatz 組み立て塗装

Busch 5810 Signalbausatz ダミーの信号機の制作開始。
バラストを撒く前に信号や側溝は早めに作っておきたい。

ダミーなので信号自体プリントで当然発光はしない。
とは言えこのキットはケーブルを隠す事ができるようになっている。
LEDを仕込み自作出来ればかなり安上がりだけど自分には技術がないのでダミーのまま使う。

仮組みしてみると結構歪んでる、そして塗装しなければ。

先月発売したてのシタデルカラー Death Guard GreenがViessmannのトラスの色に近い。
そこで信号機をこれで塗装する事にした。シタデルは水で溶かせるのにプラへの乗りが良い。

トラス部分はAgraxEarthshadeでウォッシングして信号の黒部分にはLeadbelcherでハイライトを入れた。
やはりミニチュアはハイライトを自分で入れた方が密度が上がって良い。

他にもDawnstone、KhorneRed、CeramiteWhiteを使用。

仕事のあいまでも水でささっと扱えるシタデルカラーは便利。
色数も揃えて正解だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿