The Nameless City: 撮影機材強化:Zoom H5購入

2017年10月4日水曜日

撮影機材強化:Zoom H5購入

最近自分のアップしたYoutube動画がヨーロッパの方々に好評なので調子に乗って撮影機材をアップグレード。

ブログではあまりお見せする事がない撮影機材。
鉄道模型を動画撮影する際に使用している基本的なセットがこちら。写真は基本Canon 6Dを使用。
カメラ:Sony α7S
レンズ: SEL2470GM他いろいろ
マイク:オーディオテクニカ AT9943 AT9941
ミキサー:TASCAM DR-60DMKII
4k収録:ATOMOS SHOGUN

音はそこそこ拘っていてジョイント音をしっかり録りたい時はレイアウト下にもマイクを設置する。
そのためミキサーをいれてカメラ近くの音とジョイント音とバランス良く録る必要があった。
ミキサーのTASCAM DR-60DMKIIはその点すごく便利で音も良かったんだけど、ケーブルがごちゃごちゃして
取り回しが難しくなる問題があった。

そこで今回Zoom H5を導入。上位機種のH6にしなかった理由はラインアウトのゲイン調整の有無。
H5は後発なだけあってラインアウトのゲインを下げる便利機能がついていてDR-60DMKIIのような扱いが出来る。
コンパクトでさらにマイクがつくので簡単に4ch収録が出来る。
H5標準のショックマウント付きのステレオマイクはまぁまぁというレビューだったので
上位のステレオマイクXYH-6も購入。
レンズのようにマイク部分を交換できるのが面白い。

DR-60DMKIIと比べてシンプルでコンパクトになったマイク周り。

4ch以上収録したい場合はDR-60DMKIIも使用すれば良いから選択肢も広がった。
ステレオマイクだらけで、もはや何を撮影したいのか良く分からない。

4k収録を高画質で出来るATOMOS SHOGUNも組み合わせる事もあるかもしれない。
ここには写ってないけどSony DSC-RX100M5もサブ機にしてる。
α7SもRX100M5もS-LOGに対応しているので撮影後カラーグレーディングの楽しみもある。
早くこのセットでジョイント音を録りたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿