The Nameless City
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2018年7月15日日曜日

ロクハン Zゲージ キハ52形 DCC化

本日届いたロクハン A059 DCCデコーダー室内灯型マルチタイプを使って同じくロクハンの
キハ52形をDCC化してみたのでメモ。

マニュアルが大きく、そして詳細で素晴らしい。
DCCデコーダを大手メーカーがここまで詳細に日本語で解説しているのを見た事ない。

サイズの比較、奥から16番/HOゲージ、Nゲージ、Zゲージ。

サイズ的にNゲージもターゲットにしてる事がわかる。

マニュアルの加工例がこのキハ52だったのでとても分かりやすかった。
まずはボディを外してライト基板を外す。ライト基板への給電の仕方も良く出来ていた。

続いてシート部と呼ばれる床を外す。すべて同じ精密ドライバーでばらせる。

シート部はあとでデコーダからモーターへ接続するための穴を開けるように指示があった。

モーターから出ているラグ版をはんだごてで外す。

モーターからのリード線は短い、写真じゃ分かり難いけどZゲージなのでこれで1㎝くらい。

集電版のライト基板へ給電するためのツメを切るように指示がある。
これは後でデコーダでライト基板を制御するため。

集電版を戻す。

続いてシート部を戻すけどモーターからのリード線を先ほど開けた穴から出しておく。

寝不足で目が疲れている状態でやるものじゃなかった。

デコーダをキハ52サイズに指定の場所で切断。
写真ではLED4つになっているけど、後で気付くけどキハ52には3つしか入らない。

リード線もマニュアルに指定の長さで切るように書いてあるので、指定+5mm残して切断。

ライト基板へのはんだ付け、予備ハンダしてリード線も曲げておくと簡単。

モーターとも接続。

接続部分はしっかり絶縁しておく。

仮で置いたところ、最初LED4つ分で切断したので右のLEDが干渉してしまった。
このキハ52はぎりぎり4つ目が入らない、3つが正解。

アクロバティックな給電方法、なんと室内灯付きデコーダへはスプリングで給電。

ライト基板へのリード線の黄色が若干太いのでうまく上から回り込ませる。

z21でテスト、特に問題なく制御できた。室内灯もオンオフできる。

しかしZゲージなので仕方がないかもしれないけどLEDが明るすぎる。プラが透けて見える。

今までで一番細かい作業だったけど、マニュアルが分かりやすいおかげで事故がなかった。
そしてデコーダだけでなく車両側もメンテナンスしやすく作られている事がわかった。

時間が出来たら他のコマンドステーションやCV値変更を試す予定。





2018年7月14日土曜日

Frog JuicerとRoco製ポイント解説

2年ほど前にNゲージでDCCテストレイアウトを作成していた時にFrog Juicerのネタをよく書いていたけど
今回Rocoの再販されたレールでも似たような事をネタにしてみようと思います。
この記事は今後動画撮影したり書き足したりとアップデートする可能性があります。

まずは簡単なレイアウトの説明。
1本のレールがポイントを使って分岐する単純なレイアウト。

今回のRocoのポイント部分、欧州ではDCCが当たり前なので非選択式が標準。
フログ部分は絶縁されている、Pecoで言うところのElectroFrogでフログへ給電出来る。

フログ部分を拡大。
フログレールとウィングレール部分にギャップが設けられていて絶縁されているのがわかる。

ちなみに名称はいろいろあるので、ここでは欧米での名称で統一。
オレンジの部分が大きな意味でのフログ、青い尖った部分がフログレール部分。
フログ=カエルなのはウィングレールからの折れた所が舌に見えるからだろうか?
ウィングレールで囲まれた部分をスロート=喉と呼ぶようなのでそうかもしれない。
一応参考までにレール会社の説明ページをリンク。
http://www.akrailroad.com/products/frogs

Rocoのポイントは標準でフログレールへの通電が分岐の方向で極性が変わるようになっていて
フログレールをショートする事なく通過する事ができる。(欧米ではたぶん一般的)

Rocoのポイントではフログ付近の絶縁されたウィングレールには通電していない
(追記:フログレールと絶縁されたウィングレール部分は導通してました!)

ところがスプリングポイントとして利用したい場合に問題が起きる。
例えば左上の分岐側から侵入してポイントが切り替わっていない場合フログレールの通電は直進方向へ
あわせているためフログレールを踏んだとたんにショートする事になる。

そのためRocoのポイントはフログレールへの通電を簡単に止める事が出来るようになっている。
下の画像のオレンジで囲った部分。

これが簡単なコネクターになっていて抜けばフログレールへは通電しなくなる。

フログ付近の無電区間は絶縁されたウィングレールと合わせて30mmほどなので室内灯が若干チラつく
かもしれないけど、ほとんどの車両では問題ないと思われる。
しかし下の写真のKöfのような小さな機関車だとサウンドが飛んだり最悪停止してしまう。
(写真は3線式用のKöfなのでイメージとして置いて見ただけで動かす事はできない)

ここで私の大好きなFrog Juicerの出番。
Frog JuicerはアメリカTam Valley Depot製の自動極性変換モジュールの事。
写真は6か所まで変換可能なHex Frog Juicer、他に2か所のDual、1か所のMonoがある。

自動極性変換モジュールはDigitraxなどからも出ているけどアナログ的にリレーで切り替えるタイプのようで
たまに切り替えに失敗する事があるらしい。
このTam Valley DepotのFrog JuicerはDCCブースターの派生らしく根本的に他社のものとは違うらしい。
らしいと言うのは海外のフォーラムを読んだ受け売りだからです。
100%信頼できるのはTam Valley DepotのFrog Juicerだけ、と言う言葉を鵜呑みにして
最初購入したので他社の安いアナログ式は正直どうなのか知らない。

自動極性変換モジュールはフログの極性を変えられるだけでなくリバース線などでも使える。
2年前になるけどHex Frog Juicerを活用しまくりのリバース線も走行するDCC化したVSEの動画はこちら。

話を戻して今回のRocoのポイントのフログレールを自動極性変換させてみる。

接続は簡単、コマンドステーションからレールへ、レールからFrog Juicerへ。
Frog Juicerから先ほどポイントの裏で外したコネクタへ。

DCCの良い所はDCCで給電されている所ならどんなアクセサリーもモジュールも給電できて
コマンドを受け取る事が出来るところ。レールから給電出来るから配線も簡単になる。
今回のFrog Juicerもレールから給電してるけど、コマンドステーション直接でも当然問題ない。

試しに2線式のDCC化したキハ110を走行させてみると、問題なくスプリングポイントを通過できた。
Frog JuicerのLEDも赤になったり緑になったりとしっかり動作しているのがわかった。

とりあえず今日はここまで。
まだ仕事が落ち着かないので翌週のどこかで動画を撮影する予定。
Frog Juicerの購入時の注意点も追記予定。


2018年7月12日木曜日

ロクハン DCCデコーダ

ロクハン DCCデコーダがまもなく発売のようです。
一度キャンセルしたけど室内灯付きは再び予約した。


A053 DCCデコーダー 小型汎用タイプ

A059 DCCデコーダー 室内灯型マルチタイプ


さっそくサンプルのレビューをYaasanさんとあやのさんがブログに書いています。


マニュアルがとても分かりやすく、しかも日本語で読める事が素晴らしい。
汎用性も高く低価格。もうKATOのEM13いらないんじゃないだろうか。


2018年7月10日火曜日

平成30年7月豪雨と ŽSSK Cargo Shimmns について

気象庁は西日本を中心とした豪雨被害の名称に地域は含まない事を決めて
「平成30年7月豪雨」と命名したそうです。
被災された方のご無事と早く平常に戻る事をお祈りしてます。

いまだに物資の送り方を間違った方がいたり、おそらくボランティアを間違える人も出てきそう。
東日本大震災から学んだ事は被災していない人は経済を回し、現地に資金が回る事を最優先する事だと思う。
それを踏まえて余裕のある人は物資を送ったりボランティアに行ったりしなければ
格好だけでは迷惑になってしまう。

そして有名人がアピールする事は悪い事だとは思わない。
昨日ユーチューバーのHIKAKINが募金方法の動画を投稿していたけど、まさに今出来る事は募金。
テレビよりもレスポンスが早いSNSやYoutubeはほんと素晴らしい。
平成30年7月豪雨緊急災害支援募金(Yahoo!基金)
https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630036/

もう1つ、先ほどYoutubeにコメントでŽSSK Cargo ShimmnsのUICコードがCHなのは間違っている
と指摘されて、確かにスロバキアなのになぜスイスなんだろう?と調べてみたのでメモ。

問題のRoco 76446 ŽSSK テレスコピック貨車。確かにUICコードがCH。

スロバキア所属の場合のUICコードはSKのはず。
ちなみにCHはスイスでは略称にラテン語を用いるのでConfoederatio Helveticaの略。

この貨車の所属会社であるAxbenetの公式サイトを見てみる。

ご丁寧に所属車両の写真や図面がすべて見れる、素晴らしい!
やはりRocoは間違っていない、実物の写真をみてもCHと書いてある。
http://www.axbenet.sk/en/closed

古いShimmnsはSKみたいだけど、Axbenetのサイトをよく見たらわかった。
会社概要を見ると2009年にスイスのAAE Cargoと合併している。
そして2015年からはVTG傘下になった。
と言うわけでおそらくこのShimmnsはスイスAAE所属貨車と言う扱い。

コメントをくれた方はギリシャのアテネ在住の方でこのShimmnsはアテネまで来ると教えてくれた。
こうした生の声がリアルタイムで聞けるのもYoutubeやSNSの良い所。
日本に住んでいながらスロバキアの貨車がアテネまで来てるなんてなかなか知る事が出来ない。
99%の人にはどうでもいい話だろうけど。



2018年7月6日金曜日

100万再生と皆様への感謝

昔懐かしのキリ番みたいな感じの事を書くのはなんだか恥ずかしい気がして気が引けてしまうけど
やはり感謝は書いた方が良いに決まっているしキリが良いので色々な感謝を書きたいと思います。

まずは何よりもこの趣味を理解してくれている妻に感謝です。
日本では何かと虐げられやすい趣味だと思うので本当に良い妻に巡り合えたと思います。

読んでいる方からはどうせ脳内嫁だろう!と思えるかもしれませんが先日自宅へ戻るとこんなものが。

なんとテレビに「祝100万再生」の飾りつけが!手作りと言う所がまた泣けてきます。
本当に感激しました、これが自作自演だったら相当気持ち悪いですが・・・。

18.07.11追記:ケーキまで!この段階で111万再生。ありがとうございます。

動画はこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=xUe3WxI49UI
(何度も埋め込みしてるので今回はリンクのみ)

次に再生されている国、上位10言語で感謝を述べたいと思います。

Thank you very much.
Danke schön.
Děkuji.
Obrigado.
Большое спасибо.
Grazie mille.
Nagyon szépen köszönöm.
Bardzo dziękuję.
Terima kasih banyak.
Merci beaucoup.

そして日本の皆さまへ感謝、ありがとうございます!
(ドイツとオーストリアはまとめました)

最初に異変に気付いたのは去年の9月です。
2017年9月6日水曜日「Youtubeアナリティクスを見てみる」

この時も恐ろしい勢いで再生数が伸びていて驚いていますが、その後コンスタントに
毎日3000→5000再生と伸びていきました。
更にあまりの伸び率で今年4月に友達が標準のYoutubeアナリティクスでは見れない前日比と
グラフが見れる統計表を作ってくれました。
規約の問題でお見せ出来ないのが残念ですが、今年2018年6月下旬からまた再生数と登録者数が倍増し
恐ろしい事に毎日1万再生を超えるようになりました。

そもそもこんなに再生されると思って投稿したわけでもないし、100万再生行ったからと言って
特別な事があるわけではありません。
そのうち頭打ちするだろうとも思っていました、しかしコンスタントに見られている
と言うのはうれしいものです。
ちなみに低評価は気にしていませんが、一番つけている国はダントツでインドです!なぜでしょう。
そのうちインドの鉄道模型買ってみようかな、あればだけど・・・。

鉄道模型のYoutubeチャンネルを作って見てわかったのはRailjetが世界で大人気だと言う事。
日本に目を向けると新幹線動画が数百万再生されているチャンネルもあるので
やはり高速列車は世界的に幅広く人気があるのだと思わされました。

そしてブログやツイッターでコメントや返信をくれた皆様にも本当に感謝しています。
皆様ありがとうございます!
拙い上に生意気な事を書くこのブログへ皆様からとてもやさしく知識や助言を頂いております。

過去のSo-net時代のブログと合わせると毎日約500ページビュー以上のアクセスがあり
この趣味をはじめて約3年で累計30万ページビューを超えているのも当初の予想をはるかに超えました。
ご覧頂いている皆様にも感謝します。ありがとうございます!

次に私に大きな影響を与えてくれた方々のブログやYoutubeチャンネルを勝手に
紹介しつつ感謝したいと思います。

電気屋の毎日 Yaasanさん
DesktopStationの作者、DCC Manufacturer ID: 140。
Yaasanさんなしにはここまで知識を得る事もないし、ただ受け身の趣味ではなく
発信する重要さにも気づく事ができました。
この趣味を始めてから唯一実際にお会いしてお話しをした方でもあります。
才能もあり人柄も良く、こんなに素晴らしい方が日本にいるのかと思うと日本のDCCの
未来は明るいと思いました。
お会いしてから私が過去に使用した事のあるソフトウェアの制作者でもある事が分かって
ますます自分の中で神扱いになりました。
ほんといつもお世話になっております。そしてありがとうございます!

JR浜松鉄道Offical Page 浜鉄Blog JR浜松さん
実写にしか見えない恐ろしいレイアウトと情景を制作されているJR浜松さん。
いつもコメントありがとうございます!
最初に欧州鉄道模型へのコメントを頂いて知りましたが実はDCC歴が私より遙かに先輩の方。
メールでも何度かやりとりさせて頂いていていつも刺激を頂いております。
私のブログが微力ながら貢献出来ていてこの趣味を始めて良かったなと思いました。
現在欧州H0の収集も始めていらっしゃるのでこれからも刺激をたくさん頂きたいと思います。
現在、臨時ブログを更新中だそうです。
https://hamamatu-tetu2000.blog.so-net.ne.jp/
そして超絶美しいレイアウトをゆったり鉄道模型が通過するYoutube動画は必見。
https://www.youtube.com/channel/UClaM-AZ93w08882gSGWpC7A/videos

小さなヨーロッパと小さな鉄道 Gutさん
巨大な欧州型Nゲージレイアウトを制作中のGutさん。
いつもコメントありがとうございます!
JR浜松さんを通して知り、コレクションの膨大さ、レイアウトのスケールに圧倒されました。
制作記も目が離せない内容で、JR浜松さん同様もっと早く知っておけば良かったと思いました。
とくに日本では欧州型鉄道模型の情報は少ないし、巨大な欧州型レイアウトを制作している方も
少ないので進捗が楽しみで仕方がありません。
Nゲージならではの長い長い編成が中央駅にずらずらーっと並ぶ様を妄想してます。
GutさんのYoutubeチャンネルでは過去のレイアウトや美しい欧州鉄道模型が見れます。
https://www.youtube.com/user/natsumikangut/videos

はんなり華鐵記 がおう☆さん
巨大なモジュールレイアウトを制作しているがおう☆さん。
いつもコメントありがとうございます!
私ががおう☆さんのブログを知ったのは自分のモジュールレイアウトがある程度出来てからなので
もっと早くに知っておけば良かったと後悔。
モジュールレイアウトで巨大で複雑なレイアウトが出来て行く様は楽しみで仕方がありません。
丁寧な制作記はとても勉強になり目が離せません。
がおう☆さんのYoutubeチャンネルではブログとリンクした動画が見れます。
https://www.youtube.com/channel/UCzZPcXYfS0cy3LgZ2UHympA/videos

他にもたくさんのコメントを頂いた方々を順不同で。
分かる範囲でリンクさせて頂きましたが間違いなどありましたら教えてください。

Fuka-Pさん(Fuka-P Train Model.)
NightJet490さん(Youtube)
メル鉄おやじさん(メル鉄おやじブログ)
戸田プロダクションさん(Twitter)
Königさん
PianoRiseさん
JUNさん
北の駅長さん
らすと~ぶさん
taka@さん
アルバート MMさん
親爺ぃさん(親爺ぃの鉄道模型制御はArduinoであ~る)
901k_72さん
zenigata1976さん
キートンさん
S.やくもさん(Twitter)
そしてツイッターで交流のある皆さん

皆様にご教示頂きここまで来れました、ありがとうございます!
抜けている方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。

ここからは私が影響を受けている海外の方々のYoutubeチャンネルを紹介。

・BLS Nord- und SüdrampeのPhilippさん
私がH0を始めるきっかけになった動画や巨大なレッチュベルクレイアウトを制作している方。
スイスの方で巨大なレイアウトを膨大なH0コレクションが走る様は圧巻。
いつしか自分もこんな大型レイアウトを作って見たい、そんな理想と言うか目標の方。
レイアウトにはたくさんの工夫やヒントがあり、とても勉強になっています。
制作記はこちらで見れます。

・Luke Towanさん
オーストラリアのジオラマ作家の方で私のレイアウトはこの方のチュートリアル参考に
して制作を開始しました。
動画の演出や説明の仕方が半端ないクオリティで無料で見れるのは本当にありがたいです。

・Hovermotionさん
イギリスの方で屋根裏に巨大な欧州型レイアウトがある方。
もっとも私の動画にコメントをくれる方でいつも刺激をもらってます。

・Maria u. Ulrich Tillmannsさん
ドイツの方で、美しくそして走らせて楽しそうなレイアウトが見れるチャンネル。

・Modellbahn Reviewsさん
スイスの方で、DCモデルのAC化など分かりやすいチュートリアルが多い動画チャンネル。

・marklinofswedenさん
スウェーデンの方でチュートリアルもとても参考になります。
Luke Towanさんに比べるとざっくりしたチュートリアル。

・Miniatur Wunderlandさん
ドイツのハンブルクにある世界最大のミニチュア博物館の公式チャンネル。
チュートリアルもあって舞台裏を垣間見れます。

・Peter S.さん
アメリカの方で欧州鉄道模型の紹介をしてます。
小さいけれど雄大感あるアメリカナイズされた欧州型レイアウトは私が目指す所でもあります。

・PILENTUM TELEVISIONさん
ドイツの動画情報サイトと言う感じでしょうか、博物館などのレイアウトを車載動画で見れたりと
通常の人が見れない視点のレイアウトが見れるのでとても勉強になります。

・Spur1 Modellbahn Wilchingenさん
スイスの巨大な1番ゲージレイアウトと自作の1番ゲージ鉄道模型が見れるチャンネル。
原 信太郎さんもびっくりしそうな非現実的な1番ゲージレイアウトを見たいときに。

・TheMagictrainさん
国籍は分からないけどコンパクトにまとめられたEP1~3の欧州レイアウトが素晴らしい。
たまに動画をアップしているので楽しみに見てます。

・Warhammer TVさん
イギリスGames Workshopの公式チャンネルでEavy Metalチームによるミニチュア塗装の
チュートリアルを毎日アップしてる。塗装の勉強をしております。

・fuehrerstandさん
オーストリア国内のキャブ動画を見れるチャンネル。
模型ではないけど大好きでよく見ています。

・SHIGEMONさん
日本の鉄道模型ユーチューバーの方。企業案件がたまにあるのであえてユーチューバーと
書いて見ましたが違うかもしれません。梅小路機関車庫のジオラマは必見。

他にもたくさん見ているチャンネルはあるけどここまでにしておきます。

最後に、皆様本当にありがとうございます!
まだ鉄道模型をはじめて約3年のひよっこですが、この趣味を始めて本当に良かったと思います。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。