The Nameless City

2019年2月10日日曜日

Peco H0 Code100 レールの3線化:配線&走行

先日開始したPeco H0 Code100 レールの3線化の続き
2019年2月7日木曜日「Peco H0 Code100 レールの3線化:テスト開始」

走行動画

今回は配線から走行テストまでいっきに行った。
と言うのも思ったよりスムーズに事が進んで、想像以上に簡単な作業だった。
まずは動画から。


ESUのLokSound V5を搭載した最新のV60が3軸&巨大シューでK-Gleis 2275ダブルスリップを
通過する時想像以上にガタガタしていた。
今回Peco Code100でやってみるとスムーズ、欧州の人もどうやら走行に問題がないか注目していた
人も多かったようで早めに動画を作って良かった。

配線

続いて作業の詳細を自分用にメモ。
まずは電気的な繋がりをテスターでチェック、Code100のダブルスリップにはElectroFrogがなく
仕方なくInsulFrogを購入したけど特に問題なかった。
InsulFrogと言う事もありトングレールの方向に関係なく常にすべて導通してる。
(知らない人のために、ElectroFrog=フログは導通 / InsulFrog=フログは絶縁 )

3線式だとすべて導通してるとシューがまたぐので都合が悪い。
以下の写真の場所をすべてカット、トングレールの基点パーツだけ歪まないように注意する。

続いてシューがまたぐ所をすべてFrogJuicerで自動極性反転させるのでコードをハンダ付け。

表の中央のレールは出来るだけ中央でカットする、これで電気的に4つの島に分かれる感じになる。
ハンダ付けした時に中央のレールのプラスチックが溶けて曲がってしまったのでこの後
瞬間接着剤で修正した、次回は熱が伝わりすぎないように注意する。

Weichen Walterのセンターレールを取り付ける。
以下の写真のように中央は楕円にした方が良い、今回は予備のセンターレールを後で追加した。

すべてのセンターレールを導通させる。

センターレールとFrogJuicerに行くコードが接触しないように注意する。

初めてWeichen Walterのセンターレールを付けたので汚いけどまったく問題ない。

センターレールに熱を伝えて枕木に埋め込んだのでCode83/75用でも問題なかった。
逆にこの方法だとCode100用は高すぎるかもしれない。

Peco純正のPL-10Wポイントマシンを直接付けるとセンターレールのように飛び出すので絶縁する必要がある。

K-Gleis用のセンターレールジョイナーは枕木の間隔が違うので使用不可。

Code83/75用のジョイナーも使用不可だったのでK-Gleis用のジョイナーを使用した。

シューが短い車両は問題なかったけど、ESU V60のように台車もなくシューが長いと中央の
レールの角へぶつかってショートするので絶縁した。

これでまったく問題なく走行する、Hex Frog Juicerが忙しく作動する。

テストレイアウトはこんな感じ。
ダブルスリップの中央4カ所をHex Frog Juicerで自動極性反転。
Peco純正のポイントマシンPL-10WはDCC ConceptsのDCD-ADS8FXデコーダで制御。

速度は超スローにしたり速くしたり、引っかかる所はセンターレールの角度を少しいじって調整。

とは言えそんなにいじってない、大きくは先ほど書いたように中央にセンターレールを追加したくらい。

とりあえず短い車両で、しかもシューが大きな車両が問題なくなったのでこれから他の機関車も
少しずつテストして様子を見る予定。

追記:
K-Gleis 2275 ダブルスリップとの比較




2019年2月9日土曜日

Zimo新デコーダ発表

去年経営破綻から再起動して生き残ってくれただけでもうれしかったけど
まさか新デコーダを開発していたとは。

http://www.zimo.at/web2010/

Zimo

一応Zimoを知らない人のために…Zimoはオーストリアのデコーダ、コマンドステーションのメーカーで
主に同じオーストリアのRoco(と傘下のドイツFleischmann)へ提供してる。
Roco/FleischmannのZ21コマンドステーションも中身はZimo。

新MS-Decoder

今年1月1日にESUがLokSound V5を発表し、遅れる事1ヶ月でZimoもパワフルなデコーダを発表。


スクリーンショットをドイツ語で撮ってしまったのでそのまま英文をいくつかピックアップ。
CPUが32-bit ARMになり、既存のZimoのデコーダはすべてこのMSシリーズに置き換わるとの事。
MXシリーズもしばらく同時に販売する模様。


新しいMSシリーズは完全にmfxに対応するそうで、ESUと肩を並べる。
ESUのM4と差があるのかどうかは良く分からないけど
「They are fully mfx-compliant both in terms of registration and operation.」
と書かれてる事から登録だけではない何かがあるのかも。
Märklin Central Stationでも自動登録可能に。Z21も対応するかもしれない。


新機能の一覧
・16 bit audio of the sound samples as standard, 8 bit for simple sounds and 'old' sample files MX-Decoder for comparison: 8-bit for all sounds.

・22 kHz standard sample rate, but also (adjustable by the sound project) Channels with 11 kHz for simple noises (e.g. announcements) and 44 kHz for HiFi sound quality.

・128 Mbit sound memory for 360 sec playback time (with 16-bit and 22-kHz standard samples); MX decoder for comparison: 32 Mbit for 180 sec with 8-bit sample reads.

・Combine channels with different bit resolutions (8, 16) and sample rates (11, 22, 44 kHz) for many additional sound minutes.

・16 sound channels, simultaneously playable, separately adjustable, with larger decoders distributable to two speakers; MX decoder for comparison: 6 channels.

・Tone adjustment of the driving noise (e.g. chuff sounds, diesel engine) by CV adjustment of high and low pass filters.

・Overcurrent protection for function outputs with a new method to prevent unnecessary shutdowns at short-time exposures (start-up cur-rent of light bulbs).

・Expanded ZIMO HLU technique by introducing direction bits (this will be implemented also in MX decoders via SW update - therefore no real MS feature).

ESUと同じく16bit(44khzまで対応)になり音質が向上。
メモリ128Mbit(16MByte)になり、16チャンネル同時再生可能に。
ハイパス・ローパスフィルターまで搭載。新しい過電流保護機能。
HLUは信号に合わせた制御が出来る機能、LenzのABCのような機能で互換性もある。
自動往復運転が出来るかはまだわからない。

Z21も同時に強化されれば自動登録なども出来るようになるかもしれない。
そう考えるとZ21 Ver2のようなものも出るかも知れない。
Zimoが元気で良かった!





2019年2月7日木曜日

Peco H0 Code100 レールの3線化:テスト開始

marklin-users.netで話題になる

昨日V60のファンクションについて調べていたら私の動画がmarklin-users.net取り上げられてる事に気付き
V60の動きがギクシャクする事について長々と考察がされていた。
K-Gleisの2275ダブルスリップはほんと大変であれ以上どうしようもない。
「Bad Track!」「C-gleisならスムーズだよって」別の動画を貼ってる人もいた、ほんとその通り!
私が苦労してきた歴史のまとめはこちら。

いずれ2線用のレールを3線化しようと考えていて、動画の再生数も数千~数百万だし、この皆さんの
考察を見ていよいよ本格的に考えて行く必要があると思い始めた。
今年中か来年あたりにモジュールレイアウトを一新する。

2線用レールの3線化検討

2線用のレールをMärklinのAC3線式に利用する方法を知ったのはスイスのPhilippさんのレイアウト。
ここでWeichen Walterの存在を知った。
PhilippさんはK-Gleisを使ってるけど私が苦労した2275ダブルスリップは使っていなくて
Weichen Walter製のPeco Code100ベースのダブルスリップを使ってる。

Weichen WalterではCode75/83用のセンターレールも作っていて、それならファインスケールに
近いし見た目が良いのでチャレンジしてみようと思った。
この時Code83のダブルスリップを検証するためにTilligのElite Gleisを購入した。

この他にTilligのCode83直線レールとWeinertのCode75直線レールも購入してる。
そして去年1月にWeichen Walterのセンターレールが届いた。

実はRocoLineとKATOのH0ユニトラックはCode83なのでTilligのEliteと同じ。
WeinertのCode75はPecoのCode75に合わせていて車輪は限りなくファインスケールなRP-25が最適。
RP-25はNEM310の範囲内なので幅広く使えるけどフログをまたぐ時に落ち込む箇所があるかもしれないし
フランジが浅いので脱線リスクが高い。

車輪やフランジについてはこちらにまとめてる。

シンプルに書くと2線式=NEM310、3線式=NEM340。

どの2線式レールで行くか?

Märklinの車輪はかなり太めでRocoのACモデルに比べて自社のレールでもガタガタしやすい。
RocoのNEM340の方がガタガタせずにバランスが良い。
ESUはNEM310と340兼用なのでこちらも良い所取りでバランスが良い。

とは言えうちではMärklinの機関車も増えて来たし無視したくない。
そこでMärklinのKöF IIが走れる事を基本にしてどの2線式レールで行くか決める事にした。

私が好きなダブルスリップが短い機関車のテストに最適なので色々揃えた。
先ほどホビーセンターカトーへ行って来てPecoのCode100ダブルスリップを買ってきた。
ElectroFrogのポイントも買おうと思っていたけどなかった。
店員に聞いた所今の所置いてあるものだけ、そのうち入るかもしれないとの事だった。

Märklin 2275 Code100 すでにレイアウトに設置されてる
Peco SL-90 Code100
Tillig 85390 Code83
Roco 42549  Code83

WeinertのCode75は購入した時に試していて、NEM340は完全に走れなかったので除外。
(そもそもWeinertのダブルスリップは高額すぎてテストだけで買うには怖い)

今回Code83で初めてNEM340を試したけどCode75同様にガタガタと接触する事がわかった。
と言うわけでやはりCode100で行くしかない。
しかしMärklin純正のポイントはもう嫌だ。
残るはPhilippさんと同じPecoのCode100と言う事になる。

去年1月に届いたWeichen Walterのセンターレールは実はCode75/83用。
とは言えCode100でも使えそうなのでやってみる。

KöF IIが問題なく通過する事を確認、Märklin製ダブルスリップに比べてめっちゃスムーズ!

センターレールはこんな感じで設置する、K-Gleisに比べて目立たないので素晴らしい。
Peco純正のセンターレールもあるけどK-Gleis以上に目立ちそうなので除外。

センターレールをすべてのレールに自分でつけるし、ポイントではFrogJuicer使いまくりになるし
また茨の道だけどこれが楽しい。

今の所は一番目立つ場所へPecoのCode100を使い、目立たない所はK-Gleisで行く予定。
K-GleisとPecoのCode100が繋がる事も確認済み。

これでガタガタ問題に終止符を打つ!
けど少しずつテストして行こうと思う。





2019年2月6日水曜日

世界最大の玩具見本市で見る鉄道模型

ドイツ ニュルンベルクで1月29日から行われていたSpielwarenmesse2019が2月2日に終了。
日本からも数多くの玩具メーカーが出展していて鉄道模型だとKATOが出展。

このブログでも各社インタビューをまとめてます。
2019年1月30日水曜日「Nürnberger Spielwarenmesse 2019」

また電気屋の毎日 Yaasanさんが技術的な面から主にDCCについて分かりやすくまとめています。
電気屋の毎日 2019年02月05日「DCC 2.0はどういうものか」

実際に行ったわけではないので空気感や見て回った感想にはならないけど私もインタビューや
会場を回ってる動画を見た上で自分なりの感想をまとめてみようと思う。

KM1不在

いきなりネガティブな感じだけど、今年はKM1が出展をやめてしまった。(ソース
おそらく去年11月に開催したそこそこ大きな規模のプライベートエキシビションが成功したからだと思う。

Spur1 Unterwegs November 2018: Hausmesserundgang bei KM1 by iSteam


多種多様な人が集まるSpielwarenmesseも良いけど、1番ゲージと言うニッチな模型だと
確実に興味のある人だけをターゲットにした方が効果が高いのかもしれない。
実際上記の動画を見てもたくさんの人が集まっていて関心の高さがうかがえる。

実はゲーム業界でも同様の動きがあって今年の世界最大のコンピュータゲーム見本市E3 2019に
24年間出展し続けてきた業界最大手のソニーが不参加を決定した。
しかもプレスカンファレンスもやらない。
(参考:IGN なぜソニーはE3 2019に参加しないのか?3つの仮説

ゲーム業界はまた別の問題があって市場規模はとてつもなく大きいけど差別化が難しくなってきてる。
同じゲームを複数のプラットホームで共有する事が当たり前になりハードで売って行くのが
困難になってきた、そして独占タイトルに資金を投入した方が優位に立てる。
とは言えIGNの記事にもある通り一時的な物のようにも思える。
小出しにするよりもいっきに何かを発表した方が効果は大きいのかもしれない。
こうした思い切った決断が出来るソニーはやはりすごい。

ゲームからしたら市場規模の小さな鉄道模型、しかも1番ゲージでは意味合いが全然違うと思うけど
ファンを大切にしたいと言う気持ちは同じではないだろうか。私もそのファンの一人。

最先端を行くESU

これも間違いない、PIKOがESUのデコーダから自社デコーダへシフトして間もないけど
ESUは次世代になるLokSound V5を1月1日に発表、すでにV60に搭載して発売してる。

16bitのクリアなサウンド、4倍になったメモリ、ファンクションが32個等々パワーアップした。
個人的に歓迎したいのはLenzが提唱するABC=Automatic Brake Controlに完全対応した所。
LokSoundは前からRailCom対応でABCにも一部対応していて、自動ブレーキは今までも出来たけど
今回V5になってあらたに自動往復運転が出来るようになった。
コマンドステーションで指示する事なく自動往復するのでシステムがすっきりする。
これでLenzのデコーダでしか出来なかった事も出来るようになり完璧なデコーダになった。
LokSoundは誕生して今年で20年、Spielwarenmesseも同じだけ出展してるそうで歴史がある。
そしてデジタル鉄道模型に与えてきた影響が巨大。これからも頂点に君臨し続けそう。

アイデアで勝負のViessmann

Viessmannは現在VollmerとKibriを吸収しそれぞれの長所を生かした製品で毎年Spielwarenmesseが楽しみ。
ViessmannはとくにPlasser&TheurerやRobelなど工事車両が充実してる。
サウンドはもちろんギミックも盛りだくさんで1両あれば長く遊べる。



そしてストラクチャーと組み合わせたギミックが多いのも特徴で今回特に素晴らしいのがVollmer製の
トンネルと道路を組み合わせたLEDミラーエフェクト付きのトンネル。
https://viessmann-modell.com/sortiment/elektronik/elektronik-effekt/2609/h0-strassentunnel-klassisch-mit-led-spiegeleffekt-und-tiefenwirkung

奥行きがあるように感じるけどトンネル部分は厚さ2.2cmしかない。

https://youtu.be/DjHANTIDRyQ?t=838

重ねた鏡にLEDが映ってるだけなんだけどミラー自体若干暗くする事で反射の回数が多いほど
徐々に暗くなってると言う素晴らしいアイデア。
正面からみると完全に鏡なのでレイアウトに置く場合は工夫が必要だけどこれは無意味に欲しい。
他にもサウンドと同期した射撃訓練や動く釣り人など楽しいギミックのある新製品が多い。

レーザーカット製品が充実するNOCH

今年のNOCHの製品で気になったのがChristl-Hütte。
Christl-Hütte mit micro-motion Kellnerin
https://www.noch.de/de/christl-huette-mit-micro-motion-kellnerin-66403.html

レーザーカット製品なので価格もそこそこするけど、ドアが開いて中から店員が出て来るギミックがある。
そして興味深いのが画像にもある通り手前を走る鉄道がZeitgeist Models製の模型。
ラックレールのバイエルン・ツークシュピッツ鉄道。
他社製品とコラボして写真を撮る所が素晴らしい。

Fallerの巨大コンテナクレーン

Fallerの巨大コンテナクレーンは去年も出品されていて注目もされていたけど、今年はモーターも
内蔵してパソコンから操作する様子がModellbahnShop-Lippeのインタビュー動画に映っていた。
https://www.faller.de/App/WebObjects/XSeMIPS.woa/cms/page/pid.14.17.89/agid.1127.1202.1231/atid.15974/lg.de/ecm.at/Container-bridge-crane.html

ブラウザから操作する様子が映っている。
https://www.youtube.com/watch?v=4J3KGxG-qqw

小さなクレーンはRocoやMärklinからたびたび販売されてるようでジョイスティックで操作するものや
DCCで直接ファンクションで操作するものなどがある。
しかしここまで巨大なものは見た事がない。幅も654mmある。
いつかこれを置けるレイアウトを作って見たい。

Märklinから自社ターンテーブル登場

今まで他社製品に頼っていたMärklinが自社でターンテーブルを出す。
しかもターンテーブルでは珍しいサウンド付きで楽しめる。
https://www.maerklin.de/de/produkte/details/article/74861/

操作もファンクションで出来るようなのでmfx+だけでなくDCCでも操作できる。
3線式のメリットであるリバースを内蔵する必要がないので配線もシンプルなはず。
発売が楽しみ!

Märklin verbindet Generationen

そして子供向けだけどMärklin My Worldシリーズの充実っぷりも凄く無視できない。

My Worldシリーズのレールは見た目は通常のH0スケールでC-Gleisに似てるけど金属パーツがない。
電池で動きそして赤外線でコントロールする事ができる。
WiFi内蔵モデルはないけど、音も出るしスモークが出るモデルもある。
ドイツでのプラレールのような存在。
プラレールのように鉄道以外のものもラインナップ。

エアポート

貨物積載所

プラレールと違うのはこれがH0だと言う事。
公式サイトの左上に「Spur H0」と書かれてる事からも最初のステップとしての製品なのが伺える。
Märklinが掲げるスローガンに「Märklin verbindet Generationen」がある。
直訳すれば「メルクリンは世代を繋ぐ」
プロモーションビデオはこちら。


もう一つ去年10月にアップされた感動するプロモーションビデオ、Gleis1セットとストーリーが繋がる。


160周年を迎え、途中経営が傾いたりしたけどそれでもなお欧州シェア1位に君臨するMärklin。
スローガンからもなぜ1位を維持出来ているのかが分かる気がする。
実際世代を切り捨てる事もしてるんだけどうまく切り替えて来た。

このブログでも何度も書いてるけどMärklinはデジタルへの舵取りがうまい。
80,90年代アナログから意識せずにユーザーは徐々にデジタルへ移行できた。
3線式が移行しやすいと言うのもあったと思うけど、いっきに切り替えるのではなく徐々に
切り替えたのは相当大変だったと思う。

Spielwarenmesse2019を振り返る

こうして今年のSpielwarenmesseを振り返るとやはりドイツの鉄道模型は先端を突っ走ってる印象。
日本のKATOも頑張っていてZimoのサウンドデコーダを搭載したICE4は良いきっかけになりそう。

タカラトミーは出展していたのだろうか?公式サイトには書いていない。
日本の人口はそれなりに多いので国内で売れればそれで良いとも言えるけど、ゲーム業界のように
海外とのトレンドに差がついて気付いた時に真似してみても時すでに遅しで技術がまったく
追いついてない何てこともある。

鉄道模型は特に市場規模が小さいので幅広い対応、ユーザーに選択肢を与え続けないと
プラレール→鉄道模型なんて世代の移り変わり方もないだろうし、プラレールを卒業したら
そこで終了な気もする。実際どうなんだろうか。

Märklinのような160年続く鉄道模型メーカーを少しでも参考にしてもらいたいものです。




2019年2月4日月曜日

Magnorail復活

日本の人口1億2600万人のうち3人くらいしか興味がないであろうMagnorailの近況。

Magnorail

まずはMagnorailとはなんぞ?と言う方に公式の動画から。




機構は単純で地中に埋まったベルトに磁石を付けてそのうえに自転車や車を置く。
ベルトをモーターで回せば一定速度で動き続ける。
FallerなどのCar-Systemと違いバッテリーの充電をする必要がない。
複雑なコントロールは出来ないけど十分ジオラマが生き生きしてくる。
そして自転車やボートは磁石ならではの模型。

生産中止

そんなMagnorailが去年12月に生産を中止するとMBS Bohnenと言うショップが告知。
https://mbs-bohnen.de/ (現在この記事は消されてる)

いつか買おうと思っていたのでこれを見てガッカリ。
それから2ヵ月ほど経った今どうなったかもう一度調べてみると進展があった。

復活

Magnorail公式サイトより
https://www.magnorail.com/en/news

丁寧に英語でも書かれていて、オーナーがフランスのMaketisと言うシーナリーに特化した
ショップに切り替わるそうな。
そして2月末から再出荷開始と書かれてる。導入したかったので良かった。