The Nameless City
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2018年9月20日木曜日

Gras-Masterで草パーツを作ってみる

昨日届いたGras-Masterを使ってテストしてみた。
Gras-Master(KATO芝生の達人)は単純に静電気を発生させる機械でファイバー系の草などを
立ち上がらせる事が出来る。髪の毛が静電気で立ち上がるのと同じ理由。


今までレイアウトの草は既製品を使っていて今回これに近い物を再現してみる。
MiniNaturとMartin Welbergの草はとても使いやすい。

中身はこんな感じでフィルムにそのまま接着してあり好きな大きさに剥がして使用できる。

Gras-Masterは9V電池を使用すると言う事で開けてみるとすでに入っていた。

日本製アルカリ電池に交換。

今回テストなので通電しやすいアルミホイルに接着してみる。
これでばっちり静電気が発生してくれるはず。

NOCH純正の接着剤を使うけど中身は普通に木工用ボンドやMOD PODGEに近い。

Gras-Master側のカップへ元となるファイバー系の草をセット。

まずは2.5mmからテスト、Gras-Masterとアルミホイルを行ったり来たりしてパチパチと音が鳴る。

接着剤についたもの以外は叩けば落ちる、接着剤が乾燥したら掃除機で吸えば大丈夫そう。

続いて6.5mm、こちらは分かりやすい。

横から見るとはっきりと立ち上がってるのがわかる。

6.5mmの方を真横から。

2.5mmの方も真横からだと良く分かる。混ざってる所が良い感じなので次から混ぜてみよう。

接着剤を塗ったままだと横へ行くにつれて斜めに立ってしまうので海外の人が良くやる手法の
厚めの型を作って横へ向かないようにした方が良さそう。

8時間ほど放置して乾燥した所。既製品と変わらない出来栄え。この状態で残りを掃除機で吸っておいた。

アルミホイルから剥がすのはほんの少しの力で済んだけど、接着剤自体はかなり強力で手で
部分的に引きちぎる事は出来なかった。

この調子で大量にパーツの生産をしようと思う。レイアウトへ直接散布も後で試してみよう。

試しにMartin Welbergのものと並べてみる、さすがMartinさん、クオリティが高い。

上から、色味を後で合わせてみたい。

車両と合わせてみる。

建物と合わせてみる。

既製品はクオリティも高く使い勝手も良いけど、Martin Welbergさんは少量生産なので
なかなか手に入らない、こうして自分で作れるようになればそのうちもっとクオリティの高い
草を作れるようになるかもしれないので、ひたすら練習しようと思う。

追記:
アルミホイルでは剥がす時にやぶれる事があるのでヨックモックの空き缶を使ってみる。

付属の2.5mmで試してみる。




2018年9月19日水曜日

Noch 60135 Gras-Master 2.0などが届く

いつか買おうと思っていてなかなか買わなかった所謂グラスアプリケーターをようやく購入。
先月から続けているモジュールレイアウトの続きでいよいよ必要になったため。

まずはトラッキングから、今回は送料の安いModellbahn Unionで購入。
今回フランクフルトまで時間がかかってしまった。休みじゃなかったと思うけど。
しかし消費税のかからない額におさめたので川崎はスルーで早い。通常計算が入ると川崎は2回になる。

最近のModellbahn Unionの箱はほんとに良い。

LippeやSebnitzほどじゃないけど前から比べると全然違う。

今回商品が梱包材みたいなものだけど。

今回購入したもの。
Noch 60135 Gras-Master 2.0
Noch 07073 Master-Grasmischung Kuhweide 2,5 bis 6mm
Noch 07106 Wildgras dunkelgrün 6mm
Noch 08151 Streugras Sommerwiese 2,5 mm
Noch 61130 Gras-Kleber
Noch 08320 Streugras Moorboden 2,5mm

Gras-Master 2.0の中身は蓋が3つ、おためしの2.5mmの草も入っていた。
Gras-Master 2.0はグラスアプリケーターのなかでも高額な部類で100EURする。
中身が簡単なため自作する人も多く制作例や参考動画がYoutubeで見れる。
Static Grass Applicator (Body) - How To - Model Railroad
Static Grass Applicator (Electronics) - How To - Model Railroad
このLuke Towanさんのように自分も自作しようとハエ取り用の電撃ラケットなど購入しようと思っていた。
しかし実はこのLuke Towanさんも最近はGras-Masterを使ってるようで長い目で
見れば結局NOCHのが良いのかもと思って購入。

国内ではKATOでも扱っていて「芝生の達人」と言うひどい名前が付けられてる。
今オンラインショップを見てみたらなくなっていた、たしか2万円したと思う。

今夜テストしてレビューする予定。




2018年9月18日火曜日

画材紹介1

今日はバタバタしていたのでSchwarzburg駅の進捗なし。
昨日まででようやく50%ほどの完成度、とりあえず屋根をのせて撮影。
一体成型の屋根はやはり多少の歪みがあるので強制する必要がありそう。


昨日シタデルとファレホの紹介を少ししたので改めて私の使用する画材を紹介。
鉄道模型をはじめて3年、自分でも何を買ったのか忘れているのでメモ。

前提としてプラモデルやレイアウトのシーナリー塗装向けで、しかも初心者モデラーなので
参考にする場合は軽い感じでお願いします。
また塗装方法などもWarhammerTVLuke Towanさんなどを参考にした我流です。

まずは結構自分にとって重要だった筆いろいろ。

まずはシタデルの筆。
完全にミニチュア塗装用、下の写真のミニチュアは高さ4㎝くらい、私の初めてのWarhammer40k
キャラクターへの塗装なのですごく下手、だけどこれだけでもすごく勉強になった。

Warhammer40kについては過去のこちらの記事の後半を参照。
2017年6月4日日曜日「Auhagen 15103 駅舎セットをエアブラシで塗装」

シタデルの筆の形状が滑らないように完全な円ではなくグリップしやすい。
筆にもどの塗料用か書いてあるので初心者にもやさしい。
こしも強くとても塗りやすい。ただし高価。

次はインターロン、長谷川迷人がオススメしているので知っている人も多いはず。
今はアマゾンでも買えるけど、私が買った時はなかったので新宿の世界堂で揃えた。
形状記憶と書いてあるだけあってこしも強く、荒く扱っても筆先がバラつかない。メインで使用中。


タミヤの安い筆は主にドライブラシ用、撮影し忘れたけど実は本当にドライブラシ用の筆もある。

パレットは一般的な水彩用のもの、プラよりも陶器の方が使いやすいし洗浄もしやすい。
撹拌棒や撹拌用の鉄球(主にシタデルのポット用)、スポイトなども使用。

続いて塗料、シタデルから。
Warhammer40kのフィギュアを購入した時に必要色を調べて購入してるので偏ってる。
シタデルはイギリスGamesWorkshopのミニチュアを使ったシミュレーションゲーム用の塗料。
名称が分かり難いのは世界観に合わせているため。種族や惑星、地名が名称になってる。
シタデルは水溶性のアクリル塗料で水で薄めたり洗浄するのでとにかく扱いやすい。
筆も傷めないので使い始めてしまうと有機溶媒系塗料には戻れなくなってしまった。
水で薄めればアクリルガッシュ同様水彩画のような扱いも出来るので重ね塗りなども可能。

Shade
ウォッシングやスミ入れ用、タミヤやクレオスほどではないけどきれいに流れてくれて
溜まった部分にもしっかり塗料がのってくれる。多少のテカりが出る。

Texture
地形への変化用で乾くとひび割れた表現などが出来る優れもの。

Base
下地用塗料で隠ぺい力がかなり強い塗料。

Layer
基本となる塗料、下地の上に塗る事が前提になっているけどこのままでも十分隠ぺい力がある。

Technical
プライマーや盛るためのメデュウム、コーティング
Glaze
透き通ったイメージにするコーティング塗料。

Dry
文字通りドライブラシ用の塗料でかなり硬めの塗料。

次はファレホの紹介。
シタデルと同じ水溶性のアクリル塗料、シタデルを真似てる所があるけど種類も豊富で色数も多いので
大変重宝する、シタデル同様筆を傷めずに使用できるし水彩画のような扱いも出来る。

シタデルは各国に代理店があるため価格が固定でかなり高価。
ファレホはスペインなので欧州の模型店からセットを買うとかなり安い。
単色の場合は送料を考えると日本のボークスで買った方が安い。

シタデル同様様々な種類があって、WASHはウォッシング用。
Model Colorは通常使用する塗料、AIRはあらかじめエアブラシ向けのサラサラになった塗料。

他にもプライマーやバーニッシュ、メディウムなどがある。これらもすべて水溶性。

個人的に大好きなピグメント、大量にストックしてしまった。
パステルと似ているけど定着力が強くそのままでも良いし、水で溶かして使用する事もできる。
粒子をいかしたまま固着させるバインダーと言うのも存在する。

次は何度かこのブログでも出てきているターナーのアクリルガッシュ。
発売時世界で唯一のガッシュだったそうで、私も昔散々お世話になった。
水溶性のアクリル塗料で隠ぺい力が強く更に水彩画のような扱いが出来る。
プラモデルに塗る場合はいったんサーフェイサーで下地を作らないと弾かれてしまう。
シタデルやファレホ、そして有機溶媒系に比べると塗膜が弱い。紙用なので仕方がない。

次はタミヤのアクリル塗料など。
シタデルやファレホと違って希釈には専用の有機溶剤が必要。
有機溶媒で筆も傷めるので個人的には金属などへの塗装以外では出番がもうない。
水で薄める事も出来るけどその場合プラスチックに弾かれやすい。

次は細かい物。
タミヤのテクスチャーペイントは便利。
ジェッソのような感じで粘度が高く、乾くとザラザラになり良い感じの質感表現が出来る。
マスキングゾルは塗った所がゴム状に固まり後でキレイに剥がすことができる。

その他使用するもの。
有機溶剤=シンナーはアセトンやイソプロピルアルコールだそうで、塗料を強力に溶かす。
個人的には筆を傷めるのであまり使用しない。
サーフェイサーは下地作りには欠かせない、しかし有機溶媒系は最近出番が減っている。

次はジェッソ系。粒子が含まれていて盛ったり下地にしたりと元々マチエール表現に使う物。
リキテックスのジェッソはタップリ入って安い。
ブラックもあるのでストラクチャなどの光の漏れを防ぐために使ってる。

クレオスやタミヤのスミ入れ用塗料はとても良く流れてくれるので便利。
しかしかなり激しくテカるのでマットにしたい場合は後処理が必要。

プラモデルへの塗装はある程度セオリーがありノウハウも検索すればたくさんあるので
その通りにやればそれなりの完成度にはなるけど、どうも有機溶媒系は自分には合っていなくて
シタデルやファレホに出会ってからかなり塗料への見え方が変わった。
昨日の記事では書いていなかったけど、一番はやはり筆が痛まない事かもしれない。
自分の扱いが下手なだけだと思うけど。

今回エアブラシについて書いていないのは実はシタデルやファレホでは高圧力が必要なため。


ほんと調べるのに苦労したけど海外のシタデル・ファレホユーザーの意見をまとめると
必要な圧力は15~20PSI(0.10Mpa ~ 0.14Mpa)だと言う事。
私の所有するエアブラシとコンプレッサーでは0.07MPaしか出ていなくてまったく使えない事が分かった。
と言うわけでエアブラシは上位のコンプレッサーを買うまで有機溶媒系塗料専用になる予定。

最後に特殊なもの、液体ゴムと言うのも買ってあるけどまだ使っていない。