The Nameless City

2020年6月27日土曜日

Alienware Aurora R11

購入以外鉄道模型の事をあまり書いていないけど、そろそろパーツ取り付けなどをやる予定。
現行と次期モジュールレイアウトの計画もRailjet到着次第リスケする。
そして去年に引き続き新しいPCを購入したので記録。

去年のPCの記事はこちら。
2019年3月6日水曜日「Core i9-9980XEとDCC=Digital Content Creation」
2019年4月28日日曜日「Intel VROCで爆速SSDドライブ追加」

今年は9月(先日11月に延期を発表)に最新のやりたいPCゲームが出る。
去年購入した仕事PCでも出来るけど出来ればゲーム専用機(兼レンダリングマシン)が欲しい。
もともと計画していて発売したてのIntel 10世代目のCore i9 を使って久しぶりに自作しようと思っていた。
しかしCore i9 10900はどれも品薄で手に入らない。
待っていると9月に間に合わなそうなのでBTOで買う事にした。

去年のPC同様マウスコンピューターで買おうかと思ったけどGPUとCPUの水冷が共有な事と
価格の事を考えたらAlienwareの方がお得な事が分かった。
割引もたびたびやっているので出たばかりの新製品にも関わらずお得だった。

主なスペックは
Core i9 10900KF
GeForce RTX 2080 Ti

6月12日に注文して本日6月27日に到着。
箱はシンプルにIntel Inside。

と思ったら箱 in 箱の化粧箱が出てきた。

初Alienware。

Alienwareと言うとごちゃごちゃしててカッコ悪いイメージがあるんだけど箱は良い感じ。

今はDELLの子会社なので中身はDELL。

付属品は電源ケーブルのみでスカスカ。

下に本体。

Auroraのデザインは良い、昔のAlienwareはほんとひどかった。

中身はただのMicroATX規格なので無駄に大きい、だけど仕事PCより小さい。

側面パネルを開けた所、電源は横置きスタイル。

電源ユニットがそのまま稼働して開く。
マザーボードは自社なのかAuroraロゴが書いてある。

CPUは簡易水冷、ラジエーターも小さいので若干不安。

先日購入したモニターと合わせて1920 x 1080 280hz表示。
普段2560 x 1440を2台でやってるので久しぶりに低解像度、しかしハイリフレッシュレート。

今まで仕事PCでApex LegendsをやっていたけどモニターがEIZOの60hzしか出ないものだったので別次元。
ほとんどの人には関係ない200フレーム/秒を超える世界。

ハイスピード撮影では撮影時に240、480フレーム/秒とあるけどリアルタイムで200フレーム/秒を
超える描写をずっと見る事になるとは思わなかった。
人間は恐ろしいもので60フレーム/秒でも飛び飛びのコマ落ちしてる動画に見えてしまう。
格闘ゲームでも60フレームのうちの1フレームを競うと言われるけどFPSと言われるジャンル
First Person Shooterでも今は120、144、240そして今年は360フレームが登場するほど重要。



Core i9 9980XE + RTX 2080Ti の仕事PCでも十分ゲームが出来るのに今回新しくした理由は距離。
仕事PCはサーバ室に置いていてモニターへのケーブルもUSBもすべて7メートルを超える。
先日実験してみた所、7メートルのディスプレイポートケーブルでは144hzまでしか出なかった。
240hzで送るとたまにブラックアウトする。
デスク近くにPCを増やしたくなかったけど今年はやりたいPCゲームも出るしVR環境も揃えたい。
Apex Legendsもまだまだ楽しんでいるので思い切ってデスクに置くことにした。
これからはエイリアン君の顔を見ながら仕事。

2020年5月29日金曜日

Roco 75901 LKW Walter, AAE セットが届く

また出るだろうと思って一度キャンセルした「Roco 75901 LKW Walter, AAE セット」
前回Lippeが出荷が遅れたからとくれた5%オフクーポン、そしてポイントも貯まっていたので結局購入。
ありがたい!

トラッキングから。
今回もDHLが時間がかかる場合UPSでお願いと頼んだら即UPSで出荷してくれた。
しかし途中経由地の中国で機械トラブルで遅延、それでもわずか4日で届いた。
遅延がなければたぶん3日で届いていた。
今回はUPSが直接ではなくヤマトが持ってきてくれた。

箱が大きい…

梱包はいつもの感じだけど。

2重壁でも箱 in 箱でもなくそのまま入っていた。

緩衝材はたっぷり。

あいた横に少し段ボールを詰めていた。

巨大なRoco 75901 LKW Walter, AAE セットの箱。

どれくらい巨大かH0の車両を置いて見る。

飾れるように箱の上面が立ち上がる仕組み。

中身ぎっしり。

トラックのタイヤはすべて揃っていた、しかし不足品はあるかもしれないのでそのうちチェック。

これでT2000だけで9セット(18両)+T3が3両で21両のLKW Walter編成が出来る。

前に購入した記事はこちら。
2018年12月16日日曜日「Roco Sdggmrs T2000 "LKW Walter"が届く」

2020年5月25日月曜日

DCC Concepts DCD-ADS-8SX / 4SX が届く

イギリスはロックダウンが緩和されDCC Conceptsも動き出した。
前に予約していたけどパンデミックの影響を鑑みてキャンセルしていたDCC Conceptsの
新型ソレノイドポイント用デコーダが思ったより早く発売されたので結局購入。

5月20日にWishlistに入れていたので入荷案内のメールが届いて即購入。
平時よりも時間がかかっているけど、それでもイギリスからのDHLは早く約5日。
イギリスからドイツのライプツィヒを経由して日本へ。

今回もDHLが直接持ってきたので通関手数料が1000円とお高いけど完璧。

緩衝材大量。

中身はデコーダなのでスカスカ。

今回購入したもの。
DCC Concepts DCD-ADS-4SX
DCC Concepts DCD-ADS-8SX x2

これで次期モジュールレイアウト用のデコーダが古いものも合わせて数が揃った。

オーストラリア時代のDCC Conceptsの旧DCD-ADS8FXデコーダは写真下のデコーダ。
旧型からの変更点はカバーと動作LEDがついて、さらに開通方向をデコーダが記憶するようになった。

以下過去のDCC Concepts製品の購入記録

2016年4月9日土曜日「DCC Concepts COBALT Solenoid Accessory Decoder DCD-ADS8FX」
160408A_0004.jpg

2016年8月5日金曜日「DCC Concepts Cobalt IP Digitalが届く」
160805A_0005.jpg

2017年7月1日土曜日「DCC Concepts Cobalt-SSが届く」


2020年2月12日水曜日「DCC Concepts DCD-ADS-2SX が届く」

2020年5月15日金曜日

Loupedeck CT を試す!

久しぶりのブログの更新が映像関係機材。
クリエイティブを生業としている方々にはお馴染みフィンランドのLoupedeckの
その名もLoupedeck CTを購入したのでブログに記録。


Loupedeckのコントローラ自体はLoupedeck+を2018年に発売、もともと写真に強く
Lightroomを使う人にアピールしていて映像関係はおまけ程度だと思っていた。

映像関係だとストリーマー向けデバイスのElgatoのStream Deckなど便利なツールがあり
自分もそのうち買おうと思っていた。
しかし今年Loupedeck CTを発売、液晶パネルを搭載してカラーグレーディングなど
映像編集に必須の機能をコントロールしやすくなって登場。

日本に代理店もあり普通に大手量販店で買える。

高級感のある箱をあけるとシンプルにデバイスとケーブルと保証書のみ。

これがLoupedeck CT、これだけでは一体何をするデバイスなのか良く分からない。

付属のケーブルがL型なのがうれしい、キーボード周りに置くのでケーブルは邪魔になりがち。

とりあえずUSBをつないで起動した所。
上部の3x4のボタンもすべて液晶パネルでStream Deckなどと同様に機能を変えられる。

ドライバを入れてAdobeのソフトを立ち上げるとすでに設定されているプロファイルが自動で立ち上がる。
驚いた事に一部日本語になっていた。

ツールのページは英語のままだけど問題なく使えるし自分で変更もできる。

Premire Proで使うには環境設定のコントロールサーフェスの追加で選択する。

超強力な機能!下部ホイールもタッチパネルの液晶でLumetriのカラーホイールを同期できる。
これでDaVinci Resolveを使ったカラリストの真似事ができる。実際操作感も悪くない。

Lumetriのホイールやスライダーをグリグリ動かせる、これは便利すぎる。

ホイールのパネルもそうだし、上部のパネルもすべてスライドしてページ移動ができるなど
普通にスマホをいじってる感覚に近い。

Loupedeckの設定を変更すればすぐに反映されるので作業しながら気になった所を修正できる。

上部ボタン部分のカスタム、機能もアイコンも変更できる。

物理ボタンも割り当てを変えられる。

この手の物理コントローラを何度か試してきたけど、どれもマウスやキーボードをエミュレーション
してるだけなのでレスポンスが悪かったり不具合もあって仕事にはつかえなかった。
Loupedeck CTはプロユースを意識していてその点まったく問題なし。

前はElgatoのStream Deckを買おうと思っていたけど、Loupedeck CTが代わりにもなる。
OBS用のプロファイルも用意されていてストリーマーが使っても良いし、Zoomミーティングに使っても良い。

現状公式で対応してるアプリケーションプロファイル。
Ableton Live
Adobe After Effects
Adobe Audition
Phase One Capture One
Adobe Illustrator
Adobe Lightroom Classic
Adobe Photoshop
Adobe Photoshop Camera Raw
Adobe Premiere Pro
Final Cut Pro X 
Streamlabs OBS

今後追加やBluetoothでの何かの接続が出来る模様。
液晶の寿命が気になるけど長い付き合いになりそう。

素晴らしいデバイスを手に入れたぞ!