The Nameless City: 12月 2018

2018年12月10日月曜日

自動往復運転を試す(Lenz ABC)

ABC=Automatic Brake Control

Lenz氏と言えばMärklinデジタルやDCCの生みの親で、現在もDCC関連機器やOゲージ鉄道模型を
製造するメーカーとしてLenzは存在する。まだご存命だしメディアにも良く出てるけど。
そんなLenzさんが提唱する規格でRailComやABC=Automatic Brake Controlがある。

ABCに対応してるデコーダはLenz以外にもESU、ZIMOなどがある。
その中で唯一自動往復運転できるのはLenzのみ。

LenzのABCについて検索すると日本国内でもブログに書いてる人がそこそこいらっしゃる。
その割にあまり周知されていない気がする。

ESUのABCによる自動停止機能

私の所有する車両のほとんどがESUかZIMOなのでレイアウトの一部で自動停止させようと考えて
LenzのBM1を大量に購入していた。最初に実験をしたのが今年の1月。

この時はスモークジェネレータが切れる時間を測るために使用した。
動画では自動で停止するのでスロットルを入れ直してる。
これだけでも停止するまで放置する事ができるので撮影がとても楽になる。
ちなみにBM2やBM3を使う事で信号機と組み合わせる事もできて、BM3では次の閉塞があいて
いない場合に停止させる事ができるようになる。

LenzのABCによる自動往復運転

ここから本題、Lenzのデコーダはいくつか持っていたけどサウンド機能がないのでなかなか
使う事がなかった、先日SUSIサウンドモジュールを購入したのでいよいよ自動往復運転を
テストする時がやってきた。

この忙しい時期にすぐに簡単にテストするにはキハ110が便利、8ピンコネクタにアクセスしやすい。

Rocoのレールもちゃんとコンタクトレール買えば良いんだけど自作、と言ってもレールを切るだけ。

そして安価なBM1モジュール、輸入しても1200円(送料、税別)国内でも1500円ほど。
Asymmetric DCCと電子工作に詳しい方は自作できるかもしれない。
これを先ほど切ったレールをまたぐように設置するだけ。
注意点はマニュアルにも書いてある"On the right means on the right..."で
進行方向に対して右側に設置する事。デコーダ側で逆転させる事も出来る。

そしてLenz Gold+デコーダをキハ110に取り付ける、SUSIコネクタのない小さなGold+ Miniも存在する。

今回のデコーダの設定は距離も短いのでブレーキ距離を最短に、停止時間も最短にした。
Braking configuration CV51=11
Braking distance with activated constant braking distance CV52=1
Slow approach with ABC CV53=1
Stopping time in push-pull operation, 1 to 256 sec CV54=1

動作してる様子はこちら。


使用してるのはBM1を2個、コマンドステーションDSair2が1台。
たったこれだけで自動往復運転が出来てしまう。高価なECoSやCentral Stationは必要ない。
これだけコンパクトで安価と言う事は棚に飾ったりKuma氏の言う居酒屋でバッテリー駆動のDSair2で
自動往復運転を楽しむ事も出来てしまう。
と言うわけで私も卓上で簡単に出来る自動往復運転をオススメして行きたいと思います。

ESU LokProgrammerでサウンドアップデート

話は変わって昨日、夏蜜柑さんのRailAd 1116 Taurusをお預かりしたのでサウンドアップデートを行った。

ESUのTaurusの音はブレーキ時の音階表現がなかったと思うけど2016年のアップデートで追加されていた。
しかもスリップ時のハモりも表現できる凄まじい音源。自分もどれか変えようかな。

夏蜜柑さんに許可を頂いたので比較動画を作成した。

それぞれ特徴があって良い!




2018年12月2日日曜日

TOMIX小田急GSE&VSE走行動画

小田急ロマンスカー70000形GSE

11月30日に届いたTOMIXの小田急70000形GSEをようやく撮影。
GSEは沿線民としては押さえておきたい一品。

早速動画から。
VSEはDCC化してるのでz21でコントロール。
GSEはアナログのままなのでDSair2のアナログ運転モードでコントロール。
良く見たら欧州型と同じ右側通行で走らせてた・・・。

今年2月に試乗会にも行ってGSEをひと足先に体験した。
2018年2月25日日曜日「小田急70000形GSE試乗会」

予約していた新幹線500系の残りのセットも同時に届いた。

まず驚いたのが車間、慌ててTNカプラーを引っ張り出したけど6個しかなくすぐに追加を注文。

連接台車のVSEと比べて見る。

GSE到着時に足りなかったTNカプラーと同時に室内灯も購入。
電球色を指定されてるけど在庫がなかったので白色にしてマスキングテープで減光&色付け。

はじめてTOMIXの室内灯を付けたけど簡単で楽。

VSEと同じでGSEはすっきりしたデザイン、塗装も美しいのでどちらも飾っておきたい。

実車も2編成になって良く見るようになった。
こうした思い切った専用デザインの特急を作ってくれる小田急に感謝。
そしてTOMIXもグッジョブ!





2018年12月1日土曜日

DIETZ MICRO X3 SUSIモジュールなどが届く

そろそろ去年購入した1/32 1f Feldbahn機関車を始動させようと思い、まずはサウンドから入手。


今回LenzのABC機能も使おうと思っているのですでに持っているLenz Gold+を使う。
しかしサウンド機能がないので初めてのSUSIコネクターを活用してみる。


SUSI自体Dietzが提唱しLenz、Uhlenbrock、Zimo、Tams、Kühnが参画してる。
SUSIのサウンドモジュール自体はDietz、Uhlenbrock、Tamsが出している。

Uhlenbrockならプログラマーもあるので自由が利くけど一向に再販される気配がないので
インストールしてくれるショップを探した。

今回購入したのはSUSI規格に参画してるTams Elektronik GmbH。
https://tams-online.de/

ハノーファーにあるメーカー。
DietzのSUSIサウンドモジュールを扱いつつサウンドのインストールもして日本へも発送してくれる。

まずはトラッキング。

モジュールなので小さい箱で。

梱包も簡易的だけど小さいメーカーにしては製品がしっかりしてた。
Tam Valley Depotとは違う。

 今回購入したもの、カタログもたくさんあって見る楽しみがある。
Schallkapsel für Lautsprecher K1425
Lautsprecher K1425
Micro X3 | Soundmodul - Sound: VL-F-105 Feldbahndiesellok
Micro X3 | Soundmodul - Sound: VL-F-STD Feldbahndiesellok

オリジナルのスピーカーも扱っていたのでどんなものか買ってみた。
Diets Micro X3にインストールしてもらった音源は2つともディーゼルFeldbahn機関車。
聞き比べて好みの方を使おうと思う。



エンドウの線路 vs 欧州鉄道模型

JR浜松さんからセッティングするためにz21を預かり、なぜかエンドウのレールまで一緒に入っていたので
これはテストしてブログを書けと言う事だな!と勝手に解釈したので今回はその話。
(本当の理由はもちろん違います、ありがとうございます!)

エンドウのハイクオリティなポイント

まず触ってみた感想は作りが素晴らしい!ポイントの切り替えもカチリ、カチリと何度も聞きたくなる
高級な機械感あふれる動作と音がする。

裏を見ると非選択式に切り替えられるように配線が簡単になっている。
ただしフログは金属だけどギャップで絶縁されていて給電も一切ない。

噂に聞いているフログ、もう見た目からフランジが激突しそう、超ファインスケール感。

欧州鉄道模型のフランジ

まずこのブログでも何度か書いている欧州鉄道模型の車輪のフランジについて軽く。
DC(DCC)とAC(Märklin)でフランジの高さや太さが違う。日本型とも違う。
バックトゥバックゲージも違う。
欧州ではMOROPにより規格化されていてDC向けがNEM310、AC向けがNEM340。

2線式DCタイプ
フランジ:0.6~1.2mm
バックトゥバックゲージ:16.5mm軌間に対して14.4~14.6mm


3線式ACタイプ
フランジ:~1.35mm
バックトゥバックゲージ:16.6mm~16.7mm軌間に対して14.0mm~


詳しくはこちらで
2017年7月25日火曜日「NEM310/340、改めて車輪にまつわる話」

エンドウの線路 vs 欧州鉄道模型

まずはAC/DC両対応のESU V90を走行させてみる。フランジはNEM310の中でも低い方。

フログへ差し掛かると台車に角度が付いているのがわかる。
フランジがフログへあたり0.1mmか0.2mmほど浮いてる状態。

実際に動かしてみると乗り上げてる感じが一目でわかる、高速で侵入した場合跳ねるので脱線の恐れがある。

次にNEM340のAC用貨車、Märklin製。

フログへ差し掛かるちょっと手前の犬釘ですでにコツコツと衝突音がする。

フログは完全に乗り上げる、これはNEM340のフランジは肉厚なのも問題。

2軸貨車だと後ろの車輪も浮いているのがわかる。これは完全に脱線する。

次はNEM310のDCタイプのRocoのタンク貨車。実はこれも手前の犬釘にちょっと当たる。

フログへ差し掛かるとESU V90同様に0.1mmか0.2mmほど浮く。

貨車のように軽い車体はすぐに脱線しそう。

おまけで分岐側へ進行したNEM340 Märklinの貨車、脱線寸前。

フログを正面から見て見るとかなり浅いのがわかる。

逆側から、もう0.2mmか0.3mm削ればNEM310は問題なさそうに見える。

エンドウの線路 vs 日本型16番鉄道模型

ここで日本型の16番もみて見る。

少しもガタつく事無くフログへ侵入。

ウルトラスムーズに通過していく。

と言うわけでエンドウのレールと欧州鉄道模型の相性は悪い事が分かった。
しかしフログやポイントの機構自体の精度が高く、日本型の16番を走らせれば最高の線路。
フログも金属なので後々Frog Juicerなどを追加しても良いかもしれない。
ポイントのマニュアルにDCCで使用する場合は自己責任で、と書いてあるあたり消極的だけど今回の
テストでも分かる通り全く問題ない。
日本型16番でDCCをやる場合は価格に見合う最高の線路だと思う。

動画にしたのにブログへ貼るの忘れてた。



最後に昨日からセッティングしているz21をさらにテスト、ポイントの切り替えなど行った。
アドレスに+4しなくても良いようになっているので扱いやすいはず。