The Nameless City: 1月 2019

2019年1月18日金曜日

ModellbahnShop-Lippeについて

最近、海外通販を積極的に利用する人が増えてきて、その都度説明するのは苦ではないけど
ブログに残しておけば説明が簡単な事に今更気付いたので書く事にした。
そしてシリーズ化しようと思う。

オススメショップは去年書いたものもあるので合わせて参考に。
2018年2月11日日曜日「オススメ海外ショップ2018と利用方法を書かない件」

ModellbahnShop-Lippe

今回は私が最も信頼していて最も利用しているドイツのショップModellbahnShop-Lippeについて。
https://www.modellbahnshop-lippe.com/

鉄道模型をはじめてから間もなく4年、現在までModellbahnShop-Lippeは約60回利用している。
最近ちゃんと見ていなかったけど色々変わっていたので自分の確認の意味でも
ModellbahnShop-Lippeについて再確認。

ローカルショップ

Detmoldにある大型店でドイツ本国でも必ず話題に出るしSpielwarenmesseでは
インタビューも積極的に行い情報も早い。
去年まではBremenにも大きな店舗があったけどいつの間にかなくなったようだ。
ドイツの大型店も縮小傾向にあるとは、今更知って驚いてる。

親会社

一度でも購入した事がある人は知ってると思うけど、メールなどはCASISOFT MindWare GmbH
と言う会社から来るし、Invoice(納品、請求書)にもそう書いてある。
実はこのCASISOFT MindWare GmbHはModelleisenbahn Holding GmbHのグループ会社で
つまりRocoやFleischmannと同じグループ会社。

Modelleisenbahn Holding自体は2005年にRocoが破綻した時に出来た救済会社で
Fleischmannを2008年に吸収合併した。
喧嘩別れしていたRocoのオーナーが2017年末に戻ってきて権利を持っていた
道床付きRocoLineレールを復活させ事は記憶に新しい。
http://www.modelleisenbahn-holding.com/
https://salzburg.orf.at/news/stories/2872488/

ではRocoやFleischmann製品が優先的に発売されたり有利な事があるのかと言うと全然関係ない。
これはTTゲージでおなじみのTillig Modellbahnenが最初に併設する博物館に作った模型店がベースの
ModellbahnShop-Sebnitzも同じ。別にTilligが有利になるわけじゃない。

むしろRoco製品に至っては地元オーストリアのMemobaにいち早く入荷する事が多い。

価格表示

ModellbahnShop-Lippeを初めて見た方は他より価格が高いと思われる事が多いけど、実はログインしないと
値引きされた価格がすべて見れないのとVAT(付加価値税)が加算された状態なので高く感じる。
ログインして何か商品をカートに入れて送料を決定する所まで進めばVAT抜きの価格になる。
その状態でカートの中身を消しても他の商品もVAT抜きの状態で見れるのでオススメ。
一定時間が過ぎるとリセットされるので再度ログインして同じことをすればOK。

例えば最初ログインした状態でESUのV60シリーズを見ると399EUR(定価419EUR)

上記の方法を行った後にこのページを見ると335.29EURになる。

これはドイツのVAT(付加価値税)19%が引かれた状態。
日本へ輸入する場合は免税になるのでこの価格が正しい。
ただしこの場合日本国内で消費税が請求される、詳細は以下の記事で。
鉄道模型輸入時にかかる費用について

プレミアムメンバー

ModellbahnShop-Lippeはアカウントを作成してログインするだけで日本でも良くある購入額に
応じてポイントが貯まって行くシステムがある。
MSL Bonus-System

アカウントを作るだけで購入額の3%が貯まって行く。(現在Bemoだけは適応外)
更に2016年末からプレミアムメンバー制度がスタートした。
https://www.modellbahnshop-lippe.com/premium/0/0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-gb-0-0/premium.html

プレミアムメンバーになるには1年間41.18EUR(VAT抜き)2019年1月現在の為替で5110円ほどかかる。
https://www.modellbahnshop-lippe.com/produkt/modellbahn_2_shop+lippe/31-7-0-269296-024-0-0-0-0-0-0-grp-gb-p-0/ein_produkt.html
これを購入すればプレミアムメンバーになれる。
なったかどうかは自分のプロフィールで分かるけど、更新に数日かかるのですぐに権利を
使いたい場合はその旨を伝えれば大丈夫。

プレミアムメンバーになるとポイント還元が4%になり、期間中1度だけ好きなカタログが無料に
期間中1度だけ1商品を10%オフする権利がある。
そしてあまり利点はないけどフラッシュセールと言って48時間優先的に発売される商品がある。
これは主に安売り品やB-Stock品に多いので私もたまに購入してる。

41.18EURが安いか高いかは利用頻度による、先日発売されたRailjetの8両セットのように高額な
商品を購入する予定がある場合にプレミアムメンバーになるのがお得。

10%オフしたい商品や無料カタログが欲しい時は購入時のフォーム「Add notes here.~」の所に
アーティクルナンバーと一緒に書けばOK。
「Add notes here.~」は下の方にある。

私はプレミアムメンバーに制度がスタートしてすぐになったので2016年12月27日が
初日になってるのがちょっと自慢。
このスタート時から現在までを考えたら約15万円分以上ポイントや10%オフで得してるはず。

予約

近年欧州鉄道模型は予約で生産量を決定するので必ず欲しい物は予約した方が確実。
予約でメーカー完売と言う事も珍しくない。
ModellbahnShop-Lippeの場合去年から予約のキャンセルが出来るようになったので助かる。
しかしドタキャンは無駄な在庫になるのでショップにとってあまり良くない事なので避けた方が良い。
予約時から価格が上昇した場合交渉すると予約時の価格で購入できる事もある。

送料と梱包

送料は定額ではなく大きさや重さで決定するタイプで特に重いと送料がガッツリ上がって行く。
送料が定額の所の方が安上りな事もあるので色々なショップを比較すると良いかもしれない。

梱包は他店とは比べ物にならないほどしっかりしてる。
この画像は持続可能性を考慮する前に書いてあったもの。

他店では右の写真のように新聞紙などで荒く包んだ梱包だけどうちはドイツ国内だと左の写真
国外だと中央の写真のようにしっかり梱包するよ、と言うアピールをしていた。

しかし去年持続可能性を考慮した梱包に切り替えると宣言があり、アンケートも取っていた。


持続可能性は説明する事もないと思うけどサステナビリティとも言われていて地球上の文明に関わる
システム全体を持続できるかどうかと言う大きな話。
これに企業として貢献します、と言う事で梱包のやり方を変えることにしたそうだ。

具体的には作業員の手間は増えるけど箱を2重の段ボールの壁にして再生紙を緩衝材に使う。
これは2017年頃からたびたびやっていたので特に驚かない。

最も良かった時代の写真はこれ。
「箱 in 箱」でも中の箱が浮いた状態で緩衝材に守られてる。

2017年あたりから次の写真のような感じが増えてきた、これでも浮いてる。


2018年末の写真はこちら、壁は2重だけど浮いてない。
これを私は持続可能性梱包と呼ぶことにした。

今でも時々「箱 in 箱」で来るけど箱と箱の間は再生紙で埋められているだけなので浮いていない。

Märklin-Händler-Initiative

ModellbahnShop-Lippeは残念ながらMärklin(LGBやTrix含む)のMHIではない。
MHIはMärklin-Händler-Initiativeの略で店舗限定商品を扱うショップの事。
ModellbahnShop-LippeもMHIだった事があるけど、大きくなりすぎたか親会社が
Modelleisenbahn HoldingになってMHIから外れた可能性がある。

問い合わせ

ModellbahnShop-Lippeに限らないけど日本以外の国では客を神様なんて言わないので
理不尽に思うかもしれない、これは商習慣や生活習慣の違いもあるので理解するしかない。
日本人に良くあるのが焦りや不安、それも理解出来るけど他の文化を敬い理解してから利用して欲しい。
偏見はあってもまだ仕方がない、私もまだまだあるけど無知である事を知り理解して行けば良い。
ただ差別だけは絶対にダメ、国や文化は関係なく人として問題がある。

ModellbahnShop-Lippeや多くのネットショップでは土日休日と思っていた方が良い。
実店舗は土曜日半休な事も多いそうなので現地で土曜日の場合は早めに行くと良いかもしれない。

例えば日本時間木曜日の夜に注文したとして、金曜日に出荷してくれるだろうなんて思うけど
そういう場合ももちろんあるけど基本的にショップ側の都合が最優先なのですぐには処理されない。
金曜日も無反応、土日は当然無反応、日本の月曜日はまだ半分日曜日なので無反応。
火曜日か水曜日になってようやく処理されるかどうか、と言うイメージ。

せっかちな人は週の前半に注文する事を強くオススメしたい。
後半だと土日月を挟むので相当遅く感じるから。

問い合わせに関しても同じ、特にModellbahnShop-Lippeの場合は処理が順番制でチケットが発行される。
早い時ももちろんあるけど、たいてい返答に2~3日かかる。
これでも他店よりも遙かに速い。他店、とくに少人数の所は1週間~2週間かかる事もある。
ModellbahnShop-Lippeの良い所はネットショップだけでかなりの人数で動いている所。
他店よりもレスポンスが良く、修理や不足品の対応も早い。

問い合わせる場合はチケット制なので必ずContactから送る。
https://www.modellbahnshop-lippe.com/kontakt/0/0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-0-gb-0-0/kontakt.html')
必ず購入日や購入したオーダー番号、製品番号と製品名を書く。
写真を送りたい場合はどこかへアップするか返答があってから再度メールに添付する。



2019年1月17日木曜日

Railjet "Spirit of Venezia" パーツ取り付け

昨日届いたRoco 74116 Railjet "Spirit of Venezia"にパーツを取り付ける。
Rocoは近年コストダウンのため別パーツが増えてる、それでいて値上げをしている。
工場の他国への移転、大規模レイオフと経営の合理化を進めてる。
前にZimoが一度破綻した時もオーストリアの健康保険問題を取り上げたけどRocoと言うか
Modelleisenbahn Holding GmbH全体で考えると規模が大きすぎて相当苦労してそうだ。
なのでRocoファンの私は黙ってついて行く、と言いつつSpirit of Venezia安くしてもらったけど。
2017年11月11日土曜日「Zimo破産&再建」

Rh1216のパーツ取り付け

Rh1216のパーツは昔のようにほとんどが取り付け済み、これはおそらくだけどスロバキア工場製
なのではないだろうか、今は高級機しかスロバキアで組み立てていない。
ほとんどの機関車はルーマニアなど新規の工場、低価格なものはベトナム工場。
Made in EU、Made in Slovakia、Made in Vietnamと箱に書いてあるので分かる。

面倒な手摺りやワイパーは最初から付いているのでホースや連結器周りのみ。
まずは最初についているカプラーを外してホースなども外してしまう。

バッファーもカプラーなし用のパーツを取り付ける。車両は基本的にパチ組みできるけど一応接着。

ホースやネジ式連結器もカプラーなし用を取り付けて行く、ホースもパチ組み出来るように
結構硬いのであらかじめ穴を広げて置く。

カプラーポケットは元々目立たないので活かしておいた。

その代わりスノープローがカプラーポケット対応のもののまま。

サウンド比較を撮るために音量を変更した、ZimoデコーダはCV266がマスターボリューム。
だけどファンクションに音量の調整があるのでCVでやらなくても大丈夫。

制御客車のパーツ取り付け 

問題の制御客車、ほとんどのパーツが後付け。しかしパチ組み出来るので簡単。

まずワイパーだけど最初に大きな手摺りを外してしまった方が簡単。

さくさくパチ組み出来るけど一応接着もしておいた。

JR浜松さんがツイッターで金属パーツを切断しないようにと言われたそうで、私がやるまで
取り付けを待ってもらう事にした。

まず切断しないでチャレンジしてみた所、こんな感じで奥まで入るわけがない。

分かりやすい折れ目で切断して慎重に穴へ差し込む、ここは結構奥まで刺さるので接着しない。
無理せず最初に金属パーツの長い部分を使って穴を広げておくと良いかもしれない。

イタリア仕様なので制御客車側にもカプラーを付ける事にした。
ホースなどは短い方を取り付け。

Rocoのクローズカプラーだと目立つのでESUのユニバーサルカプラーにした。

台車のパーツ取り付けは今回初めて、小さい方のパーツはすぐすっ飛んで行ってしまう。


制御客車のパーツ取り付けが完了して、Halberstadtさんが中身の確認をしていたので自分も外して見る事に。
いつものようにピックを差し込んでじわじわ外す、中央の爪を折らないように注意する。

室内灯など前のRailjetと同じ感じ。

デコーダや大型のキャパシタ。

他の客車のパーツ取り付けを続ける、前は気にしていなかったけどイタリアではこちら側を
むき出しで走る事があるのでちゃんとパーツの取り付けをした。

制御客車を箱に戻す時に無理をするとワイパーが折れると思うので発泡スチロールを削っておくと良いかも。

台車の細かいパーツの取り付けを続ける、結局全車両に3時間くらいかけてしまった。

JR浜松さんがやっているように穴を広げてから。

パーツが無理なくスッと入るくらい広げてからつけて接着した。

無事すべてのパーツを無くさずに取り付け完了。
ついでに肉眼ではほとんど見えないサボにある車両番号をメモして車体したに書いておいた。

欧州鉄道模型のパーツはパチ組み出来るとは言え前にパーツの取り付けをしたTOMIXのEF510と
比べてしまうと精度が非常に悪い。穴を広げれば問題ないけど。

これで準備は整った。これから走行テスト。




2019年1月16日水曜日

Roco 74116 Railjet "Spirit of Venezia" などが届く

去年の9月に突然発表したイタリア乗り入れのRailjet "Spirit of Venezia" がようやく手元に。
予定では去年11月後半~12月前半発売だったのが伸びに伸びて今年1月に入ってから発売になった。

発表時の関連記事:

価格上昇

予約受付の記事を書いておいてほんと良かったのは発売時の価格のスクリーンショットを撮っていた事。
実は去年末に全体的に1割ほど値上げをしていて予約したModellbahnShop-Lippeでは予約開始時から
15%上がっていたら連絡するようにメールに書かれている。
とツイッターで皆さんから教えて頂き、15%も上がってないけどさっそくスクリーンショットと共に連絡。

最初決済した時のInvoiceがこちら。
プレミアムメンバーの年1回1商品に使える10%オフ権を8両セットに適用してもらっているのですでに
クーポン(GUT)扱いで大幅に値引きがされているけどこの画像のように本体の価格が
予約時のスクリーンショットより高かった。

それをとぼけて「最初の予約時よりだいぶ高いみたいだけど間違ってる?」と聞いて見た。
すると返事は
「数カ月で劇的な価格上昇にともない残念ながら調整を余儀なくされた」とある。
しかしその後の文章が驚きだった、なんと元の予約時の価格にしてくれると書いてある。
スクリーンショット撮っておいて良かった!
実際予約時のメールの価格も同じなので向こうにも記録は残ってるはず。

と言うわけですぐにInvoice画面が更新されクーポン扱いが増えて大幅に値引きになった。

この情報を独り占めするのは心が痛むのですぐにツイッターで皆さんへ報告。
すると何名かの方は私と同じように予約時の価格にしてもらえたようで良かった。
ただLippeには申し訳ないけど、いっきに日本からメールが来たと思う。
これは確実に私の責任。商品のクレームではないから良いだろうけど。
と言うわけでRocoが悪い、おかげでČD Railjetが最初から高いけど。
ČD Railjetの価格は前回の投稿に書いた。

Roco 74116 Railjet "Spirit of Venezia" 

前置きが長くなったけどトラッキングから。
JR浜松さんがおそらく日本最速で約4日、おそらく時差考えたら約3日で1月11日に到着。
先日訪問した時に見せて頂きました。
私は同じ日に出荷だけど普通より若干時間がかかって約9日で到着。

箱はいつもの感じなので中もおそらく最近の持続可能性梱包なはず。

やはり持続可能性梱包だった。

もはや壁も二重になっていないのでこれは残念、昔の梱包に戻って欲しい。

箱 in 箱に見えるけど、昔はこの中の箱の周りに緩衝材があり浮いた状態だった。
このRocoの箱はJR浜松さんから聞いていた通りで8両セットの箱でもある。

この8両セットの箱を二重と考えて梱包したようなので周りは簡易的だった模様。
中身はRocoの梱包と言う事になる、こちらに他に買ったものも詰められていた。

明らかにいつもより緩衝材が少ないので不安だったけど問題ない。

機関車の箱をどけると4両セットの箱。

4両セットの箱をどけると間に緩衝材が挟んであるので8両セットの梱包だった事がわかる。
なぜならLippeはこんな梱包しないから。

一番したに3両セットの箱、ぷちぷちのつぶが大きいので衝撃吸収はこれで十分。

今回購入したもの。
Roco 74116 Railjet "Spirit of Venezia" 8両セット
Herpa 076180 Lebensmittelchromtank-Auflieger, unbedruckt
ESU 54400 LokSound V4.0 "Universal sound for reprogramming", with 8-pin NEM652

Herpaのトレーラーは先日Sdggmrs T2000 LKW Walterのトレーラーにタイヤがついて
いなかったので代用するために購入。

Rh1216 機関車の箱が前のRocoの一番良い箱、プラケースとスポンジの組み合わせ。

Vectronと違い金属パーツなどが前のように取り付け済み。細かいパーツは後で付ける。

AC版なのでシューが付く。

Rocoは特殊なセットの時にこうしたスリーブが付く、このデザインが素晴らしい!
しかし中の箱はRocoで一番低価格な箱、5000円の貨車セットなどもこれ。

発泡スチロールにそのままなのでこのまま入れておかない方が良さそう。
4両セットの方の左上に何か見える。

寄って見た所、このパーツは知ってる。
ボディ下部に収まってるおもりを抑えるパーツ、これ良く外れるけどここまで出てくるとは!
実はもう一つ外れて箱のなかにあった、全部ばらして見ないと・・・。

制御客車もACなのでシューが付く。こちらは金属パーツがついていない。

新規金型で窓配置が正しい、ČD Railjetもこの窓配置なので発売される事が予想できた。
むしろČD Railjetのための "Spirit of Venezia" かもしれない。

イタリアでは推進運転が禁止されてるそうで制御客車側にも機関車が連結されるので後で再現したい。

うちでは1216Taurusの数が1116を上回ってしまった。

制御客車の金属パーツはやはり切断する必要があるタイプだった。

取り急ぎ開封終了、のちほどパーツつけたり動画撮ったりする予定。