The Nameless City: 2月 2020

2020年2月18日火曜日

Peco Code100 モジュール:フレーム見直し

今回もフレームのプランニングなので自分にしか分からない完全な備忘録。

今年Fallerの新製品でS-Bahn向けの高架キットが発表されて、展示するのにも良いしいつか買おうと思う。

先日ネレトーさんがうちに来た時に
「次のモジュールレイアウトの高さを上げれば入るんじゃないですか?」
と言われ、現状のプランだと高さ75mm、製品は柵を入れて97㎜、
レール面は80㎜くらいだろうけど現状のプランでは絶対に入らない。
そもそもモジュールオンモジュールなのでアルミフレームが長く入っていて上手く避ける
方法を模索する必要がある。

さらに言えばせっかくの軽量化が台無しになってしまう。
さらにさらに言えば大きくなりすぎて置く場所がなくなる。
そして手前のモジュール以外は共通なのですべて高さを上げなければならない。

かなりのプラン変更を余儀なくされる。
はたしてS-Bahn高架キットのためだけに高さを稼ぐ必要が本当にあるのかどうか?
ただ最初にやらなければ後から変更が効かない重要なもの。

モジュールベースフレームは変更なしでモジュールのアルミフレームに直接3㎜の板をのせて
これを最下層にするプランを練っていた。
しかしこれではすべてのモジュールが200㎜近い厚みになるし重くもなる。

3日くらいダラダラとあーでもない、こーでもないと悩んで落ち着いたのがこれ。
モジュールベースフレームに変更はなし、モジュールは更に100㎜のアルミフレームで立ち上げ。
すべてのパーツをオーダーで切断できるものでまとめるため価格とも睨めっこした。

モジュールの底面は3㎜のシナベニア。
軽量化のためとポイントマシンなどメンテナンススペースのために中間部分はあける。

奥側にスタイロフォームを置いて見た所、モジュール間の接続は以前と変わらず。
これでモジュール全高は地表まで150mmくらい、ベースフレーム合わせて全高1050mm。

情景重視モジュールへ切り替えた所、これも考慮するのがとにかく大変だった。
アルミフレームの剛性を確保するため以前までの方法で接続。

下側にシナベニアを置いて見た所、この底面は重量を無視すればいくらでも大きく出来る。

片付ける時はこんな感じで立て掛ける、1つ 2000mm x 450mm x 150mm で巨大。

深さの必要ないモジュールはアルミフレームから直接100㎜立ち上げる事でソリのような形にした。

そうする事で重ね合わせて収納する事が出来る、これで奥行220mmくらいなのでコンパクト。

深さのある情景重視モジュールはそのものが厚みがあるので並べるとこんな感じに。

部屋に置く分にはもう1セット増やせる、しかしこれが壁の面積を考えると限界。

倉庫を片付ければさらにスペースが開くので本格的に次期モジュールレイアウトの制作に
入る前に旧NゲージDCCテストモジュールレイアウトを解体開始してる。

まだまだ変更する可能性もある、とくにスタイロフォームはもう少し薄くても問題ない。



2020年2月13日木曜日

樹木制作の練習:1回目

仕事が落ち着いて来たけど確認のため画面からは離れられないので手持ち無沙汰のあいだに
樹木制作の練習をして見る事にした。

今回は様々なメーカーから出ているTree Armaturesと言う軟質プラスチックで出来た木のベースを使う。
だいぶ前に買ったFallerのDo-it-yourself Premium Eiche 181106を使ってみる。

適当にクネクネ木の枝を曲げてベースを作る、マニュアルを無視して良くある別の方法を使う。

2017年から妻に頼んでちょいちょい育てているTeloxys Aristataを使う。
2017年2月27日月曜日「Teloxys Aristataの種が届く」

これは様々な名前で呼ばれていて「Sea Foam」「Sea Moss」「オランダフラワー」などと呼ばれてる。
うちでは単純に「模型草」と呼んでる。
一度買って育てるのに成功すると大量に種が生産されるので無限に増殖する。
市販の模型草も種がたくさんついてるので普通に買って種を収穫しても良い。

ある程度育ったものを収穫してお湯に浸してからハンガーにかけ、下におもりを付けて
引っ張りまっすぐにする。

それから3年、ようやく模型草を使ってみる。
これにターフなどつけても良いけどH0スケールには小さすぎる。

適当に模型草をTree Armaturesの枝に付けて行く。

ボリュームが足りなそうな所はFallerのキットに付属の綿を付けてみた。
その後タミヤのスプレー塗料でブラウンに。

スプレーのりは海外のチュートリアルでも見るので同じように使ってみる。

まずはKATO(Woodland Scenics)のコースターフを付けてみた。

想像以上にスプレーのりが白い、枝もそうだけど綿もかなり白くなってしまった。

仕方なく次は薄めたSuperiFixをスプレーしてターフをふりかけた所。
あと綿もある程度切って剪定。

次にボリュームの足りない所にFine Leaf Foliageを追加。全高は180mmになった。

遠目には良いけど今回は失敗。

次の課題は
・綿は大きく使うのは避ける
・スプレーのりは白くなるので別の方法を探る
・綿より模型草をもっと使う。
・Fine Leaf Foliageをうまく使う。

次作る時はもっとうまく出来ると思うので塗装もしようと思う。
とにかく次期レイアウトでは樹木が大量に必要なので手前だけでも自作してきれいに見せたい。

今回作った失敗作は後ろの方へ設置する。
Silhouette製の同サイズだと同じくらいのクオリティで60~80EURくらいする。
練習を重ねてクオリティをあげていきたい。

追記:

晴れたので太陽光の元で撮影、素材感と影の出方のチェック。


Silhouetteのほぼ同サイズの既製品
まずはSilhouette製品を目指したい。

https://www.conrad.ch/de/p/silhouette-280-12-baum-eiche-130-mm-1-st-1858389.html

オーク:ヨーロッパナラの写真






2020年2月12日水曜日

DCC Concepts DCD-ADS-2SX が届く

ヘビーな作業中に急に舞い込んだ仕事が2つあって時間が取れなくなってしまった。
今年は買うものも多いのでどんどん仕事を入れて行きたい。

そんな中Hatton'sで予約していたDCC Conceptsのソレノイドデコーダの1つが入荷したと連絡がきた。
本当は追加でポイントも買う予定だったけど中断出来ない作業中だったのでメールする事もできず。
しかも割と早めに決済されて即出荷って感じだった。

と言うわけで本体よりも高い送料を払う事になってしまったけど仕方がない。
しかもいつもイギリスからのDHLは3日くらいで届くのに普通に時間がかかった。

DCD-ADS-2SX が1つだけど結構大きな箱で届いた。

開けるとDCD-ADS-2SXがそのまま入っていた、もっと小さい箱なかったんだろうか。

緩衝材を開くと大事そうにカタログが入っていた!
DCD-ADS-2SXもくるんでくれれば良いのに!

DCD-ADS-2SXはすでに現行レイアウトには使ってる、ほんと小さくてパワフルで良い。

DCC Conceptsは拠点をオーストラリアからイギリスへ移して去年は準備期間と言う感じだったのか
ソレノイドデコーダはすべて売り切れ再生産待ちだった。
去年12月にHatton'sで入荷予定日が出たので予約していた。

あとHatton'sに予約しているのはDCD-ADS-8SXを3つ。
次は送料勿体ない感じじゃない。


2020年2月4日火曜日

日本型Nスケール vs マーティン・ウェルバーグ素材

ジオラマ素材やギャラリーで有名なさかつうさんがMartin Welbergさんの素材を輸入販売を
開始すると言う事で日本の皆さんも買いやすくなる。
さかつうギャラリー「マーティンウェルバーグ展」
https://sakatsu.jp/event/3283/
欧州で買うより当然高いですが日本で買えると言うのはとても助かります。

私が最初に購入したのは2016年7月の4年前で、現状のレイアウトに使っているので私の
ブログや動画を見てる方は自然とMartin Welbergさんの作品を見てる事になります。
2016年7月27日水曜日「追加のレールなどが届く」
当時Lippeでも大きく宣伝して私も即食いついて購入したのですが実際に手に取って既製品
とは思えないそのクオリティに本当に驚かされました。

今回日本で正規販売と言う事で主に欧州H0スケール向けのMartin Welbergさん製品が日本の
Nスケールでどんな見た目になるか急ぎで撮影してみました。

ネレトーさんもブログにしてくれたのでリンク。こちらも是非。
2020年2月4日火曜日「超精巧情景 Martin Welberg シリーズとNゲージ対比」

すぐに出せる物だけ出した所、個人製作のため入荷量が少なく欲しいと思ったら
別の物を買うついでに買っている。
この他にパウダーなども購入してますが、まだまだ買い足す予定。

基本的に地面系素材は切って使うもので、軽く貼り付けただけでも雰囲気がでます。
横のBR515はH0です。

A4サイズの地面系素材をまず寄って撮影、これだけでも使いやすい。

土も一定ではなく大小、色違いなどなど細かく分布してます。

これだけ作り込んだものが欧州ショップからだと送料税別で10~15EURほどで買える。
1200~1800円ほど、日本で買うと約4000円だけど楽です。

まずは地面系素材から見てみましょう!
WB-M052、1500円ほどで購入。さかつうさんのページはこちら

もっふもふ、合わせて見るとそんなに悪くない気がする。

こちらも地面系素材WB-M042。

052よりも高いブッシュで覆われてる。


次も地面系素材、WB-M014。

初期の製品で2016年に買ったもの、よれてるけど劣化ではなく台紙から外れてるだけ。

上から見下ろし。

横から。

次はA5サイズの剥して使う草花、WB-PW401。

これは間違いなく1/150でも問題なし!少しずつ剥して使えるので便利。

次もA5でちぎって使う系素材、WB-SWMG。

近年でた製品。

これもNスケールに丁度良いかも。

続いて高さのある製品系、WB-SDG。

 花が咲いてる、Nスケールにはちょいと大きいかもしれない。

ただ遠目に見ればいい感じ。

次はWB-SCMG。1個使ってしまってる。

ちょっとした木に使っても良いかもしれない、途中で切ればバラけるので使い道はたくさん。

既存レイアウトに植えてある素材、右の高いのはSilhouette製品でオランダフラワーベースのもの。

こちらも既存レイアウトに植えてあるもの。

ざっくり急ぎ足で紹介でした。