The Nameless City: Roco / Fleischmann 2019フルカタログなどが届く
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2018年10月11日木曜日

Roco / Fleischmann 2019フルカタログなどが届く

毎年買うようにしているRocoとFleischmannのフルカタログ。
そしてたぶん2年置きに出るNochのカタログが届いた。

まずはいつものトラッキングから。いつものModellbahnUnionで購入。
実は9月28日に注文したものだけどドイツを出るまでに1週間もかかった。
ドイツからは日本へは普通に1週間。

小さい箱なのに重い、そのためかしっかり固定されていた。

小さい箱で鉄道模型も入っていないからか今回の梱包は簡易的。

壊れそうなものはないのでこれでも大丈夫。

今回購入したもの。
Roco 80218 Roco Hauptkatalog 2018/19 Englisch
Fleischmann 990318 Fleischmann Katalog H0 2018/19 Englisch
Noch 71119 NOCH Katalog 2019/2020 Deutsch mit UVP
Auhagen 11409 H0 Schmiede
Noch 60132 Feindosierer für Gras-Master 2.0

Auhagenの鍛冶屋は先日から作っているモジュール用ストラクチャ。
NOCHのGras-Master用のノズルは先日コメントでKönigさんにオススメしてもらったもの。

Fleischmannは今年でH0から撤退の予定だけど普通にH0のみの2018/19カタログを発売した。
在庫がある限りと言う事だと思うけどカタログのラインナップは予約品も含めて充実してる。
ModellbahnUnionはおまけでPDFでも見れる冬カタログもつけてくれた。

Rocoのフルカタログは分厚い、NOCHよりも厚いかもしれない。

車両は先日発表された冬カタログのものと既存のものだけどレールの所にはついに道床付きRocoLineが復活。
Rocoの前オーナーと和解し正式に再販できるようになり海外のフォーラムやブログでは
再販を喜ぶ声が多かった。今回カタログにもしっかり載るようになった。めでたい。
しかしまだデコーダ付きポイントマシンが出ない。




4 件のコメント:

  1. こんばんは。

    英語版ROCOカタログもう手に入ったのですね。Lippeは遅いな。
    デコーダー付きポイントマシーンはROCOのHPでは発売中となっていてすでに在庫が少なくなってきている状態ですね。
    これも予約分がまだ入って来ないですね。VectronのBLSの入荷通知が来たところでいっぺんに買えないところがジレンマです。Sebnitzに送った修理分はもうドイツに着いているというのに。

    返信削除
    返信
    1. JR浜松さん、こんばんは!

      カタログは私が購入して売り切れてしまったので少量入荷だったかもしれませんね。
      デコーダ付きポイントマシン見てみましたが今はCurrently Not Availableのようです。
      Roco製品が一番早いMemobaでも未入荷なのでまだ再販のものは出回ってないんじゃないですか?
      ポイントマシンは別便にするしかないかもしれませんね。私もその覚悟です!
      タイミングがよければRailjetと合わせられるかもしれません。

      削除
  2. こんばんは。
    カタログいいですね。
    鉄模カタログは子供のころから好きでtomixのを見ていました。製品ラインナップの紹介だけでなく、シーナリーやレイアウトの作例が掲載されていて、なんて言うか夢が詰まった本みたいな感じ。
    ウチにもずいぶん前にエルマーさんが同梱してくれたFleischmannのカタログがあってたまに見ていますが、やっぱりタイムリーなものをみたいですね。
    しかし、カタログ買うと新製品も欲しくなるのでそこは我慢です。

    返信削除
    返信
    1. Gutさん、こんばんは!

      写真良いですよね!TOMIXやKATOのカタログに比べちゃうとRocoやFleischmannはシーナリー写真が少ないと思いますがNOCHなどシーナリー系のメーカーは当然ガッツリジオラマ写真なので見ていて飽きません。
      そしてPDFでも見れますがやはり本で見たいですよね。

      私の場合は逆でカタログがあると細かい貨車など買うのを我慢できます。
      たぶんすぐぽちっとできないからだと思います(笑)

      削除