The Nameless City: 2021 購入予定リスト

2021年1月21日木曜日

2021 購入予定リスト

毎年1月末から開催されていたSpielwarenmesseがコロナ禍で夏開催へと変わり各社オンラインの形で
2021年の新製品を発表しはじめた。
おそらく夏へ向けてまだまだ発表はあるだろうけど、細かく発表が続くと思うので今年も予定リストを
その都度更新して行く事にした。
とは言え新レイアウトにコストがかかるので車両は少なめで行く予定。

まずは2020年のSpielwarenmesseで発表があってまだ発売してないもの、そして予約済みの物。
いくつかはキャンセルした。

新製品のコンパクトなターンテーブルはいつでも良いから出してほしい。
Art.Nr. 74861 C-Gleis Drehscheibe 2019/4/3に予約。
発売日:2020 Q2 → 2021 Q2 → 2021.4.7入荷
Art.Nr. 74871 Erweiterung zur Drehscheibe 74861 2019/4/3に2セット予約。
発売日:2020 Q2 → 2021 Q2 → 2021.4.20入荷

2024年発売なんて言われちゃってるけどこれはキャンセルしてない。2020/1/30に予約。
BRAWA 44265 BR 4024 DER ÖBB 2020 Q3 → Q4 → 2021 Q2 

JägerndorferのDoSto CityShuttleのCityjetカラー版。発売日不明。
2020/2月17 予約 → 2021.4.23入荷

2020/2月17 予約 → 2021.4.23入荷

Jägerndorfer のカタログも発表されて実際の製品写真が出てきた、発売もそんなに遠くなさそう。
1822も買うかも。


2020年のSpielwarenmesseで発表されて予約済みで発売されていないものは以上。
去年買おうとしてキャンセルしたものはたくさんある。

他にこれから新モジュールレイアウトで必要なものでHatton'sのトランクシステムに預けてある物。


DCC Concepts DCD-ADS-4SX
当初Frog Juicerですべてのポイントの3線式化をしようと思ったけどDCC Concpetsのソレノイドデコーダは
フログ出力がついているのでPL-13と合わせてリードレールの極性反転をする事にした。
いくつかのポイントはTrain-Tech製のPC2ソレノイドデコーダを使おうと思ったけどフログ出力がないので
追加でDCC Concpetsの4チャンネルを購入。

DCC Concepts DCD-DSB Cobalt Alpha Switch D
個人的に次期レイアウトで目玉になるミミックパネル。
そのミミックパネルのLEDは光るだけでなくボタンとして機能しポイント切り替えが可能になる。

DCC Concepts DCD-AEU Cobalt Alpha Main encoder unit
ミミックパネルのボタンをデジタル化するデコーダ。

DCC Concepts DCD-RGB Cobalt Alpha 3 Wire RGB Ribbon
ミミックパネルのコード。

DCC Concepts DCD-ACL RJ12 6pin Curly Cord for NCE Powercab and Cobalt Alpha
ミミックパネルのコード。

Peco Products SL-88 Right hand large point - insulfrog
2線式3線式切り替え路線用にInsulfrog追加、単純にElectroFrogからの改造がもったいないため。

トランクのものと一緒に送って欲しい在庫なしの予約品。

PL-13
簡単なスイッチだけどFrog Juicer節約のために導入する事にした。
Nの時に使っていたやつを使おうと思ったけど強力な接着剤でくっつけていて外せなかった。

SL-90
足りているけど3線式対応にするため過激に改造するので破損時の予備に1つ。

ST-244
プラン変更で必要になったので追加。

他にHatton'sになくてGaugemasterにあったDCC Concpets製品。
逆にHatton'sにあるものはGaugemasterになかった。


DCC Concepts DCD-DTX Cobalt Alpha Adaptor Digitrax
DigitraxのLoconetにコードを変換するアダプター。
ECoSとCobalt AlphaをL.Netコンバーターを介して接続できるかテストするため。

DCC Concepts DCD-SNX Cobalt Alpha Sniffer Adaptor
もしECoSとの接続が出来なかった場合とりあえずCobalt AlphaをSniffer接続で使うため。

Loconetで接続できればDCCの操作を相互通信するはずだけど、そこまで出来ない場合は
普通にSnifferポートでDCCコマンドを受け取れば良い。
でも出来れば相互通信してほしい。
最悪DCC ConcpetsのCobalt Alpha Box ユニットを使えば更に複雑な事ができる。

そして次期レイアウトの目標でもある自動スケジュール運転、核となるソフトはiTrainで行く予定。
Pro版は必要ないのでPlus版にする予定。
以前試用をしてみた時に結構良かったのと、ここ数年のFreiwald氏の話をフォーラムで読んでいて
Train Controllerの将来性の無さ、しかも高額と言う点で導入は見送った。
とは言え使いやすさでは今でも1番らしい。

ここからは買うつもりだけどいつになるか分からない物、2022年になる可能性もある。

Viessmann 52292 Spur Neutral Doppel-Multiplexer 大量

Viessmann 4721 Spur H0 Licht-Blocksignal 大量
https://www.modellbahnshop-lippe.com/Zubeh%C3%B6r/Elektrisches++Zubeh%C3%B6r/Viessmann-5236/de/modell_45703.html

ここからは同じくいつ買うか分からないけど買う必要のあるストラクチャー大量。
Fallerの新製品からいくつか。

Faller 190077 このアクションセットは今まで普通に売っていた物を安くして再販するシリーズ。

裁判所、このジオラマ写真にもある通りS-Bahn駅舎の近くに置く予定。
https://www.faller.de/de/de/Produkte/Neuheiten-2021/H0-Programm/Die-Stadt-das-Dorf/pid.14.17.1271/agid.2679.2687/atid.28397/ecm.at/Amtsgericht.html

古い市壁と合うタウンハウス。
https://www.faller.de/de/de/Produkte/Neuheiten-2021/H0-Programm/Die-Stadt-das-Dorf/pid.14.17.1271/agid.2679.2687/atid.39457/ecm.at/Historisches-Stadthaus.html

消防署

古い信号所

常に再販され続ける市壁も買うかもしれない。
他にもこの中で必要になったら買おうかな?と言うストラクチャーリスト。


0 件のコメント:

コメントを投稿