The Nameless City: HOモジュール:10 レールの調整
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2016年10月16日日曜日

HOモジュール:10 レールの調整

ポイントマシンの設置はまとまった時間が必要なので今は仕事のあいまに
出来る細かい事で前進。

Cobalt iP Digitalのオプションのフォームについてくるロッドの隙間を埋められる
解像度の低いバラストがプリントされた紙。
これを利用するために半分に切って準備。まだ設置はしない。
161016A_0000.jpg

貯蔵設備の来る場所を決めたいのでヤードを拡張。
161016A_0001.jpg

まだフレキシブルレールは仮置きの状態だけど他は釘を打って固定した。
Train-Safe Visionの場所をここで確定。
161016A_0002.jpg

他にガタガタ対策を始める。
今回はガードレールの拡張。
161016A_0003.jpg
やらなくても大丈夫だけど念のため。
0.5mm厚のプラ版で既存のガードレールに厚みを持たせた。

外せるガードレールは楽に拡張できるけど。
161016A_0004.jpg

ダブルスリップは外せなかったので治具を作って固定しながら接着した。
161016A_0009.jpg

すべてのガードレールの拡張が完了。塗装はのちほど。
仕事のあいまにやっているので1日半かかっている。
161016A_0008.jpg

走行テストをしているとガキッといやな音がする部分があるので見てみると。
161016A_0007.jpg

ダブルスリップの半分はフログ部分のレールの組み立て精度が悪かった。
赤丸で囲った部分が飛び出ている。
161016A_0005.jpg

レールをペンチで強引に曲げて飛び出しを最小限に。
161016A_0006.jpg
これで嫌な音がしなくった。
おそらくガタガタも多少減ると予想。


0 件のコメント:

コメントを投稿