The Nameless City: Railjetパーツ取り付けとTrain-Safe Travel収納
デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
デジタル関係なくどなたでもご利用頂けます。海外通販などデジタルに関係のない話題もありますので見るだけでも価値があります!
デジタル鉄道模型に興味がある方、すでにデジタル鉄道模型を楽しんでいる方は是非登録して盛り上げてください!
鉄道模型メーカーの方は必読です、現状を知り日本の鉄道模型の発展にご協力ください。

2017年9月19日火曜日

Railjetパーツ取り付けとTrain-Safe Travel収納

デコーダ設定ついでに取り付けていなかったRailjetのパーツを取り付ける。
ÖBBの方はワイパーすらついていなくて手摺パーツは自分で切断する必要があった。
当初ČD Railjetと連結しようと思っていたけどやはりブレーキホースなど取り付ける事にした。

ČD Railjetはワイパーや手摺は取り付け済みだった、ブレーキホースなど取り付け。

ÖBBの方にバランスウェイトを仕込んでいなかったので全車両60g追加。

そしてTrain-Safe Travelに収納テストしてみる。180㎝なのでテーブルからはみ出る。

303mmの車両は5両入る、残りのTaurusと2両は90㎝のVisionで飾ろうと思う。

入れてみた所、ほぼ1両分余裕がある。

前から見ると縦は蒸気機関車なども想定してるので2両分と言った感じ。

試しにギリギリまで寄せてから閉じてみた。手摺パーツはスポンジに埋まる。

ÖBB Railjetも同様に入れてみる。

こちらもギリギリに入れてみてテストする。

立てかけてみた所、先頭を上にしたので中で動いていないか確認できる。

立てると手摺など細かいパーツに負担がかかるので外れてないかも見てみる。
横にスペースがあるなら倒れない横置きが一番安心。

開けてみるとまったくずれていなかった。素晴らしい。

こちらも問題ない。スポンジの劣化だけが心配。何年持つだろうか?

これでモジュールレイアウト設置15分、車両の取り出し1分って感じですぐに出して走らせる事が出来る。
Train-Safe Travel買ってよかった。




0 件のコメント:

コメントを投稿