The Nameless City: PECO到着
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2016年2月13日土曜日

PECO到着

IMG_2827.jpg
きた!

前回書いたSCARMの勉強用レイアウトをちょいちょいいじって進化させていた↓
SCARM_planA.jpg
4段階のステージで揃えていき勉強しつつ遊べたらいいなと思って考えた。

しかし収納重視で景観は作らないと決めたのに橋やトンネルがあるとやはり
かさ張るのではないか。思い切ってサイズを大きくして橋やトンネルなしに
長距離レイアウトを現在考え中。
SCARM_planB.jpg
広げると3600mm x 1200mm、仕事場をつぶして広げる計画。もちろん遊ぶ時だけ。
そして同じく4段階くらいで育てていこうと考え中。

2月3日の投稿にあるModellbahnshop-Lippeで注文したz21スターターセットなどは
ようやく日本へ入ってきた所、思ったより早い。前回ドイツからきたTaurusは17日。
DHL_LippeDE.jpg

その間、上記のようなレイアウトを考えていたので思い切ってPECOの勉強もしようと
思って2月9日に英Hattons Model Railwaysのオンラインショップで注文。
eHattonsといういかした名前。しかも発送から3日、今日の夕方届いた。
DHL_HattonUK.jpg
2個に分かれて発送され、1つが途中Invoiceミスがあったっぽい動きで
一度戻されその後ドイツと中国経由で日本へ来てるけど、1つは直で届いてる。
こんな早いDHLははじめて。我が家ではExpressHattonsと呼ぶことにした。

その他、同じく2月9日にTam Valley DepotにてFrog Juicersも注文してある。
こちらは公式サイトからだと注文から1週間後に発送との事なのでまだまだ。
そしてもうひとつ、むしゃくしゃして欲しかったOBBのBR52型機関車もぽちった。
最初前にTaurusを買った所で買おうかと思ったけどDCCなししかない。
どうせならサウンド付が良いと思ったけど2015年春発売なのでほぼ売り切れてる。
大阪の輸入模型屋は在庫ありになっていたけど注文すると売り切れてると
メールが来てしまった。

しかたなくネットを徘徊するとDM-ToysというドイツのNスケール専門店が
在庫ありで、しかもセール品扱いでどこよりも安かった。
ぽちったのが2月11日の17時、発送は12日の0時半だった。
まだDHLのトラッキングに反映されてないけど素晴らしい。
ただメールはドイツ語のみ。

今日届いたPECOはこんな状態で来た。DHLにしては良い方。
DSC_0576.JPG
FEDEXと違ってすぐに税金を支払うので準備もしておいた。思ったより安かった。

中身はこちら、勉強のため一通りのTurnoutを購入。
IMG_2828.JPG
フレキシブルレールも勉強でたくさんぶった切ると思うのでフレキシブルレールの30本いり。
ちなみにこの30本セット、日本国内で買うと3万超えですがイギリス直だと半額どころじゃない
、今は円高もあって税入れても1/3ちょっとで買えた。

そして去年買ってあったVSEやクリーニングカーも後ほどDCC化する予定。
IMG_2829.JPG
欧州模型とスケールが違うのでどう見えるかも楽しみ。
早くRailJetの客車でないかなぁ。

DCC化は先人のブログを見つけたらKATOオリジナルのDCCデコーダーを使っている人が
いたので自分も真似てみようと思う。ただ改造はまだ先。
IMG_2830.JPG
NEM651デコーダも配線の内容みたら簡単だったので次はKATOやめるかもしれない。
相性問題などもあるらしいのでとにかく勉強。

とりあえずしばらく仕事でスケジュールがいっぱいなので荷物到着投稿のみかもしれない。
今日はイギリスから、残りドイツ2箇所、アメリカ1箇所。

0 件のコメント:

コメントを投稿