The Nameless City: BenchworkとMulti-Deckの本が届く
デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
デジタル関係なくどなたでもご利用頂けます。海外通販などデジタルに関係のない話題もありますので見るだけでも価値があります!
デジタル鉄道模型に興味がある方、すでにデジタル鉄道模型を楽しんでいる方は是非登録して盛り上げてください!
鉄道模型メーカーの方は必読です、現状を知り日本の鉄道模型の発展にご協力ください。

2017年2月20日月曜日

BenchworkとMulti-Deckの本が届く

あと2~3週間我慢すればレイアウトがいじれそう、と言う中で現実逃避用の
本2冊がアメリカから届いた。

最初いつものようにAmazon.comで注文しようと思ったけどAmazon.co.jpでも
取り寄せ可能な事が判明して、最近の円安傾向もあって送料を考えると大差ない
ようだったので取り寄せてもらう事にした。
在庫はなかったので注文から2週間ほど。

Model Railroaderの別冊BenchworkとMulti-Deck。
170220A_0000.jpg

Benchworkは日曜大工をやるようなかたには普通な事が書いてあると思う。
道具や木工の基礎から書いてあり、鉄道模型に特化したベンチワークの作り方まで。
海外のレイアウト制作動画などを見ていると、これ日本にあるのか?と思うような
道具や素材が出てくるけど名称が分からない。
この本を読む事でとてもスッキリした、いつやるかは別にして。

Multi-Deckは以前書いた将来作ってみたい固定レイアウトの参考用に購入。
様々な事例と共に工夫やテクニックが載っている。
とくに視点やライティングに関して重要な事が書いてあって良い。

ここまで大きなレイアウトが作れなくても自分にとってスケールモデルは視点が
重要なので参考にしたい。
170220A_0001.jpg
現状のモジュールレイアウトの高さを90㎝に設定したのは座った状態の目線が
ちょうど良い位置だけど、もう少し低くても良かったかもしれない。

そしてぼちぼちJägerndorfer ÖBB Cityjetのサウンド付きがオーストリアの
ショップに出回り始めている様子で、Youtubeに動画をアップしている方もいる。
ただ面白い事にマイナーかと思われるCityjetなのにJägerndorfer純正以外にも
2つ音源が出ていて選択肢は3つになった。
Jägerndorfer純正の音源、ESU公式にある音源、LeoSoundLab製の音源。
JägerndorferとESU公式にあるものは同じかもしれない。
LeoSoundLabの音源付きはMemobaで購入可能。
Youtubeで聞き比べるとLeoSoundLabの音が一番いい気がする。
どれにしてもCityjetはいい音するので楽しみ。

Jägerndorfer Cityjet / Ventus mit Sound by LeoSoundLab




0 件のコメント:

コメントを投稿