The Nameless City: Roco 79234 Taurusの通電カプラー化
デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2016年7月26日火曜日

Roco 79234 Taurusの通電カプラー化

17日に書いたRoco 79234 TaurusがAC版にも関わらず通電カプラー装備では
なかった問題。あわててRocoへ79233のスペアパーツを注文。
さすが小物、課税対象でもないので発送からわずか4日の24日に届いた。
Roco_Supply.jpg

Rocoから直接届いた箱、角が少しへこんでいるあたりいつものDHLらしい。
160724A_0001.jpg

スペアパーツなのにこの梱包材の量。すばらしい。
160724A_0002.jpg

さらにエアパッキンでくるまれているスペアパーツたち。
160724A_0003.jpg

中身はこんな感じ。
160724A_0004.jpg
通電カプラーパーツの基盤部分別売りになっていたけど、普通にカプラー側にも入っていた。
おそらく良く壊れるのだろう。

そしてTaurusと接続する客車側のカプラーの蓋を外して配線のチェック。
ついでにシューのついている制御車でコードのどちらが車輪側かシュー側かもチェック。
160724B_0001.jpg

スペアパーツを取り出して付属のコードを半田付け。
160724B_0002.jpg

接続コネクターも半田付け。これはセンターに合わせるのが大変だった。
なれたので次からは大丈夫。
160724B_0003.jpg

そしていよいよTaurusのボディを外す。Nと同じでピックをはさめばすぐに外れる。
160724B_0004.jpg

しかしこいつはカメラロコ、カメラはケース側についていてリボンケーブルで繋がっていた。
160724B_0005.jpg

慎重にコネクタを外す。
160724B_0006.jpg

運転席にカメラが仕込まれているのがわかる。
160724B_0007.jpg

シャーシ側はこんな感じ、でかいコンデンサが目立つ。
そしてWiFiのアンテナがあるけど、実はうちではまだ認識できていない。
160724B_0008.jpg

RocoのKK-Kinematicsは2本のボルトで止まっていて簡単にはずせる。写真はなし。
ただバネを外す時に一部伸ばしてしまった。
KK-Kinematicsは元のパーツを活かせば良かったと後悔。

そして入れ替えた後の写真、コードも簡単に取り出せる。
160724B_0009.jpg

基盤にはRail LとかRとか書いてあるので、どちらがセンターレールかテスターで
調べてから半田付け。
160724B_0010.jpg

ケースをかぶせる前に接続確認。高さも完璧。
160724B_0011.jpg

これで79234の通電カプラー化完了。
160724B_0012.jpg
スノープロー付け忘れてる。

0 件のコメント:

コメントを投稿