The Nameless City: Warhammer 40k Start Collecting! 3セット
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2017年6月6日火曜日

Warhammer 40k Start Collecting! 3セット

いきなりタイトルと関係ないけどDCC Conceptsの新しい製品がなかなか興味深い。
新シリーズCobalt-SS。


サーボではなくステッピングモーターを使用した超コンパクトなサーフェスマウントポイントマシン。
裏にも加工次第では付けられるだろうけど、これだけコンパクトだと表でも違和感なさそう。
大きさは22mm x 14mm。

自分は原理を知らないのでステッピングモーターを使うとどうなるのか想像出来ないけど
うたい文句にサーボより安定していると書かれている。早く動画で見てみたい。

基本的に2ポートのデコーダーとセットで売るようで1ポートあたり2機まで動かせる
あたりもDCC Concepts製品共通。1セット日本円で5000円ほどなのでかなりお得。
K-Gleisでは使いようがないけど1セットそのうち買って見ようかな。

そして部屋の大片付けついでにエアブラシブースを制作中。
色々ダクトを物色していたらPC用の良い物を発見。PCケース用のファンも追加してみる予定。

ようやくタイトルのもの。
結局Warhammer 40kのペイントセットが微妙でちゃんとした物を買う事にしてヨドバシでポチったもの。
・START COLLECTING! SPACE MARINES
・START COLLECTING! TAU EMPIRE
・START COLLECTING! DAEMONS OF KHORNE
・CITADEL PALETTE PAD
・CITADEL PROJECT BOX
・CITADEL MOULDLINE REMOVER
・HOW TO PAINT CITADEL MINIATURES ENGLISH
・CITADEL CUTTING MAT

塗料はイギリスから届く予定。
START COLLECTING! SPACE MARINES を開封したところ。

パーツのバリエーションが多くて自分で選んで好きなように組み合わせる事が出来る。
どれも精巧でこれだけ見ていても楽しい。

いくつかの製品の組み合わせなのでマニュアルなどがバラバラに入っていた。
Venerable Dreadnoughtは日本語も書いてある。

まずはCaptainから。
体が絶妙な位置で分割出来るので前後は塗装してから接着しようと思う。
ほんと色々よく考えられていていちいち関心してしまう。

もう一つSquad Leader的な人も制作。ペイントセットのSpace Marineと並べてみる。

MOULDLINE REMOVERはとても便利で、簡単にバリと言うかプラスチックの余分な部分を取ることが出来る。
PROJECT BOXにはシタデルカラーの他にタミヤなどの塗料も一緒にいれておくために買ったけど
密閉はされていないのであくまで埃除け程度。

鉄道模型も仕事のあいまに少しずつ進めていたけどWarhammerのミニチュアはより手軽に制作できる。

こちらも少しずつやっていこうと思う。



0 件のコメント:

コメントを投稿