The Nameless City: バラストテスト
デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
デジタル関係なくどなたでもご利用頂けます。海外通販などデジタルに関係のない話題もありますので見るだけでも価値があります!
デジタル鉄道模型に興味がある方、すでにデジタル鉄道模型を楽しんでいる方は是非登録して盛り上げてください!
鉄道模型メーカーの方は必読です、現状を知り日本の鉄道模型の発展にご協力ください。

2017年6月2日金曜日

バラストテスト

乾くのに時間がかかるために何日かかけてバラストのテストしてきた。
色々勉強になり方向性も決まった。

バラストのまき方はYoutubeや先輩方のブログなどを参考にちょっとK-Gleis向けに変えた。
特にYoutubeでLuke TowanさんのBoulder Railroad Creekが勉強になる。

今回行ったものは(これを踏まえて本番では一部変更する)
・念のためレールの周囲に下地塗料を塗布
・レールを塗装
・バラストをまく
・無水エタノールを散布(中性洗剤を数滴入れた水だとサビが出る可能性があるため)
・薄めたMOD PODGEマットタイプをスポイトで滴下
・24時間以上待つ
・バーントアンバーを筆でバラストに塗る

今回使った素材、バラストもテストで4種類。
バラストは左から
モーリン Rストーン No453 バラスト 1/80 準幹線
Spurenwelten Schotter grau-braun Spur H0
Spurenwelten Schotter Spilit Spur H0
ポポンデッタ 会津バラストM(2年前に購入したもの)

下地塗料は
ポポンデッタ 下地用塗料 バーントアンバー

このバーントアンバーは筆で触った感じがアクリルガッシュそのものだったのでパッケージを
良く見てみてると製造元ターナーとある。やはりアクリルガッシュだ。

試しにアクリルガッシュの同名のバーントアンバーと並べてみると。
左がオリジナルアクリルガッシュ、右が下地用塗料。下地用は微妙に濃い。
ちゃんとポポンデッタオリジナルの色で作られている事が分かった。
しかも普通にアクリルガッシュ買うよりも安いのでこれはお買い得。

次にレールの塗装にWoodland ScenicsのTrack Painterを使う。
塗ってみた感じレールにはSteel Railが良かった。
Weathered Tieを枕木に塗ってみたけどヨーロッパ型と言うかK-Gleisには合わなかった。
Rusty Railも結構明るいレッドブラウンと言う感じなのでそのままでは難しい。
レール塗装専用だから固着もしっかりするかと思ったけど爪でこすっただけで取れてしまう。
やはりメタルプライマーを最初にやらないとだめだ。

バラストの固着につかったMOD PODGEのMATTE-MAT-MATE。
これは名前の通りマットでてかりが少ない。乾くと本当にわからない。
他にモーリンのSuper Fixと言うのも試しているので乾いたらどっちで行くか決めようと思う。

バラストの錆の色は下地用塗料のバーントアンバーを筆で少しずつ重ね塗りした。
Rストーン453とSpurenwelten Schotter grau-braun側。
Rストーンは他のバラストと違って塗料の乗りが悪い。粒も丸い感じがするし色も人工的で使えない。
Spurenwelten Schotter grau-braunは地方線用だけど雰囲気は良い。

Spurenwelten Schotter Spilitと会津バラストM側。
この二つが今の所一番雰囲気が良い。
特に会津バラストMは陰影が落ち着いていて良い。本物のJRのバラストと同じ石と言う事で
間違いはないし、ヨーロッパ型でも良さそう。

試しにBR64を置いてみて雰囲気を見る。

やはりバラストがあるとK-Gleisのセンターレールも目立たなくなる。

BR64だと幹線用のSpilitではなくgrau-braunが似合う。

Rストーン以外どれでも良い気がしてきて悩む。
本線にはSpilit、ヤードにベースは会津バラストMでgrau-braunも所々に使おう。

そして最初に書いた方法をちょっと変えて本番はこうしようと思う。
・レールにメタルプライマーを塗る
・レール周囲と枕木に下地塗料を塗布
・レールを塗装(Track Painter Steel Rail)
・バラストをまく
・無水エタノールを散布(中性洗剤を数滴入れた水だとサビが出る可能性があるため)
・薄めたMOD PODGEマットタイプをスポイトで滴下
・24時間以上待つ
・エアブラシでバラストにレッドブラウンを塗る(まだ予定、ガッシュになるかも)

バラストの塗装が筆だと何度も塗り重ねて結構時間もかかり大変だったので憧れのエアブラシを購入した。
ホルベインのめちゃくちゃ高いエアブラシに憧れた時代からなので相当だ。
たぶんタミヤやクレオスのエアブラシはホルベインの1/10くらいの価格。

タミヤ 74541 エアーブラシシステム スプレーワーク HG コンプレッサーレボII
タミヤ 74534 エアーブラシシステム スプレーワーク ペインティングブースII
他にクリーナーなども同時に購入。
これがあればストラクチャの塗装も薄くきれいに塗れるので目地も詰まる事がないはず。
練習しながら徐々に使って行こうと思う。
初期不良もあるそうなので、早めに試そうと思う。



0 件のコメント:

コメントを投稿