The Nameless City: Digikeijs DR4088や2018年カタログなどが届く
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2017年10月18日水曜日

Digikeijs DR4088や2018年カタログなどが届く

自動制御勉強用ミニレイアウト計画」の時に同時にポチっていた在線検出用のDetectorが届いた。
さらにPDFではなくちゃんとした本で欲しかった2018年のカタログも色々注文。
注文した時はまだDigikeijsをLippeでは扱っていなかったので今回もSebnitzで注文。

今回は16666円以下なので早い、ドイツから約5日。

小さい物を購入したのに箱は相変わらずガッチリしてる。

何か別の製品の梱包をそのまま利用したようでめちゃくちゃ堅牢。
外箱を見る感じKuehnの箱っぽい。

最近Sebnitzで多いシュレッダーにかけたダンボールの緩衝材。埃と屑がすごい。

ここまでしなくてもってくらいの梱包。ありがたい。

ちゃんとカタログが動かないように工夫されていてこれもすごい。

今回購入したもの、Sebnitzはあまりものっぽいカタログを毎回入れてくれるのでうれしい。
しかし今回は出たばかりのカタログなのでもちろん有料。やはりPDFではない現物を持っておきたい。
分厚いカタログ以外は無料で注文できる。
メインは在線検出用のDR4088を2個、16chだけど在庫がある2個を全部買った。
DigikeijsのDetectorは2線用と3線用で製品を分けているけどなぜなのか分からない。
使ってみれば分かるかもしれない。

DR4088の箱を開けた所、Digikeijsはゆるゆるなのがよろしくない。
左にあるのはDigikeijsのS88をS88Nに変換するアダプター。ECoS用に購入。

さっそくECoSにつけてみるとぴったり。しかし隣のコネクターと干渉しそう。

ギリギリと言うか無理やり入れた。後で基板を少し削ろうかな。
向きも正しいかあとでチェックしなければ。

あとレールがLippeから届くけど、昨日ポイントマシンが1個足りない事に気付いてしまった。
そのうち信号関係と同時に注文しよう。信号用デコーダは今の所Qdecoderで行く予定。




0 件のコメント:

コメントを投稿