The Nameless City: Märklin C/K-Gleis比較:パート2
デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
デジタル関係なくどなたでもご利用頂けます。海外通販などデジタルに関係のない話題もありますので見るだけでも価値があります!
デジタル鉄道模型に興味がある方、すでにデジタル鉄道模型を楽しんでいる方は是非登録して盛り上げてください!
鉄道模型メーカーの方は必読です、現状を知り日本の鉄道模型の発展にご協力ください。

2017年10月26日木曜日

Märklin C/K-Gleis比較:パート2

C-GleisにK-Gleisのジョイナーを付けられないかと試そうとしたら大変な事に気付いた。
今頃気付いたのか!と怒られそうだけどCとKでレールの太さが違う事に気付いた。

K-Gleisのレールの太さは1.5mmと太い。

C-Gleisは1.1mmでK-Gleisと比べて0.4mmも細い。この差はでかい。

左右のレール間は16.6mmで両者同じ。
C-Gleisは道床の見た目が良くなかったりジョイナーがアバウトでずれるなど問題があるけど
レールだけで言えばK-Gleisより見た目が良い。

しかし見た目だけで言うなら正直Tillig EliteやWeinertが一番良い。
Tillig Eliteはレールの太さは0.8mmしかない、そしてCode83なので全高が2mmと低い。

自分は3線式のメリットを活かしたくて見た目は二の次にしてMärklinにした。
これもたまに書いているけど3線式かつ見た目もこだわりたい人はTillig EliteやWeinertの
レールにWeichen-Walterのセンターレールを組み合わせる。
いつしかやってみようと思っているけど相当大変そうだ。




0 件のコメント:

コメントを投稿