The Nameless City: 脱線対策-2
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2015年2月1日日曜日

脱線対策-2

先日、脱線はポイントのトングレールといわれる切り替わるレールに遊びが多く
アウト側のレールにぴったり来ない事が原因とわかりました。
そこでガードレールをカーブからつける計画です。

昨日フレキシブルレールのクセをつけようと既存レールに貼り付けたけど
ほとんど効果なさそうなので、普通に円状に固定してしばらく放置
しておくことにしました。

せっかくなので少しだけ切断してガードレール設置のテストをしてみる事にしました。



両面テープで仮止めの状態ですが、びっくりするほど簡単に脱線しなくなりました。
まずはポイントに最初からついている既存のプラスチックのガードレールの先から
フレキシブルレールのガードレールを設置してみましたが、やはり脱線しました。
そこで既存のプラスチックのガードレールはニッパーで切り落としてトングレール
近くまでフレキシブルレールのガードレールを仮止めした感じです。

わずが5分ほどで簡単に解決、おそるべしガードレール。
これでレイアウトのサイズを変えずにすみそうです。
構想では勾配がきつくなるレイアウトなのでカーブには基本ガードレールを設置予定。

0 件のコメント:

コメントを投稿