The Nameless City: BR52のサウンド調整メモ
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2016年5月23日月曜日

BR52のサウンド調整メモ

BR52が最高速度が70kmくらいだったのでSPROGとJMRIで調整。
設定を変えるとモーター的に140kmが限界だったので、それにあわせて
Speed Tableを調整。

ついでにサウンドボリュームとドラフト音を速度にあわせて調整。
現実とは違うかもしれないけど、スケールスピードに対してドラフト音のサイクルを
もう少しゆるめたかったので調整してみた。

気に入るまで何度も調整すると思うのでどこをいじるのかメモ。
ZimoDecoder_SoundFunction.jpg

さらにRh1116偉人Taurusがうるさかったのでボリュームを下げた。
基本CV266が全体のボリュームの値。

0 件のコメント:

コメントを投稿