The Nameless City: ČD Railjet:通電カプラー化
デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
デジタル関係なくどなたでもご利用頂けます。海外通販などデジタルに関係のない話題もありますので見るだけでも価値があります!
デジタル鉄道模型に興味がある方、すでにデジタル鉄道模型を楽しんでいる方は是非登録して盛り上げてください!
鉄道模型メーカーの方は必読です、現状を知り日本の鉄道模型の発展にご協力ください。

2016年8月28日日曜日

ČD Railjet:通電カプラー化

2016.08.18に書いたČD Railjetの通電カプラー化へ向けたメモの続編。
自分用メモとしてわりと詳細に。

本日Rocoからスペアパーツが届いた。
いつものトラッキングから。
01_DHL_Roco.jpg
ガッツリ休むドイツ人に申し訳ない、発送から約6日で到着。

いつもの大きさで堅牢な箱。
160828A_0000.jpg

中のエアパッキンもいつも通りぎっしり。
160828A_0001.jpg

スペアパーツもぐるぐる巻き。
160828A_0002.jpg

中身。制御車用が130544 、終端車両、中間車、ビストロ車が130444。
そして予備のKK-Kinematik用バネ86249大量。
160828A_0003.jpg

ハーネス付きとは素晴らしい、ハンダ付け不要。
制御車用の130544がどんなものか見てみると・・・。
160828A_0004.jpg
右が130544、ひっかける爪がない・・・。

通電カプラー標準搭載のRailjetの制御車を見ると、やはりガイドの爪がある。
160828A_0005.jpg

試しに130544を130444のカプラーとつなげてみる。
160828A_0006.jpg
多少ぐらつくけど、ダブルトラクションでもしなければ大丈夫そう。

本来はこんな感じでがっちり結ばれるはず・・・。
160828A_0007.jpg

これなら普通に130444をもう一つ買えば良かった。
130544のハーネスもすべて結線済みで便利だけど、現状必要なかったので
値段同じなら制御車も130444の方で良かった。

とりあえず中間車に組み込む。
長さなども完璧なハーネス。
160828A_0008.jpg

中間車は制御車よりもボディを外すのに苦労したのでメモ。
まずはピックを8つ使ってじわじわ中央へ向けて広げていく。
160828A_0009.jpg

中央付近にある3つの爪を順番に外していく。
160828A_0010.jpg

真ん中の爪は一番硬いけど隙間に自分の爪などをいれて軽く押し広げると簡単に外せる。
160828A_0011.jpg

130444を入れてみた所。
ハーネスの途中にあるゴムを挟む所がシャーシにある。
室内照明用のハーネスは現状では放置。
160828A_0012.jpg

LED表示パネルの後方側がメス、先頭側がオス。
160828A_0013.jpg

続いて問題の制御車用の130544.
160828A_0014.jpg
ハーネスの長さなど完璧。なぜ形状が違うのか謎。
すでに標準のハーネスもあるので130444で代用できる。
そのうちまたスペアパーツ注文する事があったら130444追加しよう・・・。

2016.08.30追記:
どうやら古いタイプの通電カプラーなようで、過去にRocoから出ていた
ICNなどが全車このタイプだったようだ。

なんとも頼りなさげなカプラーに。
160828A_0015.jpg

そして1216 Taurusも通電カプラー化する。
以前1116用にもう一つ買ってあったので流用しようと思う。
160828A_0016.jpg

しかし・・・そりゃそうか、1216とでは形状が違う。
1216はバッファなどがKK-Kinematik部分についていた。
160828A_0017.jpg
仕方がないのでKK-Kinematikの中身だけ使ってみようとすると今度は中身の形状も
微妙に違う、見た目ほとんど同じなのに。

角を丸くしたり削ったり、バリを取ったり、薄くしたり。
と試行錯誤しながらなんとか収まった。
160828A_0018.jpg
通電カプラー側のスノープローはあきらめる。
あと86249バネはTaurusとは長さが違った。調べなければ。

これでČD Railjetをパーマネントカプラーから通電カプラーにする事で連結が
やりやすくなった。壊す事もないだろう。
ただコストが結構掛かった、標準で室内照明のついているモデルはかなりお買い得。
しかしČD RailjetはAC版も室内照明付きもないので自作するしかない。
そのうちESUの多機能照明でも搭載しようかな・・・。


0 件のコメント:

コメントを投稿