The Nameless City: Hex Frog Juicer追加
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2016年8月2日火曜日

Hex Frog Juicer追加

モノだけ買ってなかなか進まない新モジュールレイアウトだけど
まだまだテストしたい事がある。

まず2016.07.25の投稿でショートシュー対策にFrog Juicerが有効と言う事が
わかったので安価なGaugemasterのDCC80をたくさん買おうかと思って調べてみると
Frog Juicerと違いかなりアナログ的にリレーで反転している事が判明した。
DCC80紹介投稿に追記済み
フォーラムを読むとDCC80にかぎらずDigitraxのAR1も同様らしいので精度と速度を
考えると結局信頼性の高いTam Valley DepotのFrog Juicerが良いと言う事らしい。
フォーラムでは原理を理解して自作までしていてどうなってるか分からないけどすごい。

と言うわけでダブルスリップに必要な数にするため、N用に買ってあった
Hex Frog Juicerに追加してさらに2枚ポチった。今回も本家サイトで28日に注文。
前回は雑誌に載ったタイミングだったのか3週間待ちだったけど、今回はすぐに出荷。

トラッキングはLAで止まっているけど。
USPS.jpg

本日しれっとポストに入っていた。サインなしのエアメール。
送料16.5ドルだったけど・・・。まぁいいか。
160802A_0000.jpg

おそらくエアメールじゃなければもうちょい早かっただろうけど
今回は注文と出荷から5日ほど。
160802A_0001.jpg

2月28日に届いた時と同じところで似たような写真を撮ってしまった。
160802A_0002.jpg
今回も2枚。

これで合計4枚になった。6x4=24フログまでOK。
ダブルスリップは現在6個あるので自動反転したいリードレールは24個。
ただまだ長い列車などのテストはしていないので追々。
と言うかPecoと違ってK-Gleisのレールはハンダがそのままでは付かなくて
途中で作業がとまっている。
先日ステンレス用のフラックスとハンダを買ったけど、まだ試していない。



0 件のコメント:

コメントを投稿