The Nameless City: Roco 79932 BR 383, ČD Cargoなどが届く
デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
デジタル関係なくどなたでもご利用頂けます。海外通販などデジタルに関係のない話題もありますので見るだけでも価値があります!
デジタル鉄道模型に興味がある方、すでにデジタル鉄道模型を楽しんでいる方は是非登録して盛り上げてください!
鉄道模型メーカーの方は必読です、現状を知り日本の鉄道模型の発展にご協力ください。

2017年11月17日金曜日

Roco 79932 BR 383, ČD Cargoなどが届く

予約していたVectronが届いた。RocoのAC版はDC版からだいたい1週間遅れで出荷されるけど
今回は同時に出荷だったのかもしれない。

トラッキングから、だいたい1週間だけど今回ドイツ→日本で少し時間がかかってる。
そろそろ年末の遅延時期に入ってきてるのかもしれない。

今回もModellbahnshopLippeで予約。

今回は余裕のある箱 in 箱。

発掘。

中の箱OPEN。

今回はVectronの他にESUのカプラーとMärklinのポイント。

またROCOの箱変わったなって思ったら中身がプラケースなしの発泡スチロールのみに。
こんな所まで退化して低価格化が進む。保存に向かないので工夫しなければ。

初Vectron、前に書いた「年内発売予定のものについて」でROCOを選択した理由を書いた。
やはりLeoSoundLabと言うのは大きい、今夜収録する予定。

ČD Cargo塗装にしたけど、PKP Cargo塗装の方がグリルが目立たずカッコいい。

詳しくないので良く分からないけどTaurusの後継になるのかな?電源周りはTaurusの1216に似てる。

このチェコ中心に運びます!って感じのインフォグラフィックがいい。

愛称のVectronは名前からしてかっこ悪いけど全面のグリルのデザインからしてやはりトランスフォーマーを
意識しているのだろうか?Tronってあたりもトランスフォーマーっぽい。
全体的にVectronは濃いデザインなのでTaurusのようにいろんな客車に合わせるのは難しそう。



0 件のコメント:

コメントを投稿