The Nameless City: Roco79932 BR383 サウンドチェック
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2017年11月19日日曜日

Roco79932 BR383 サウンドチェック

ようやくRoco 79932 BR 383, ČD Cargoのサウンドチェック用の収録終了。
早速Youtubeにアップした動画から。



予約した時はLeoSoundLabだからデコーダもESUかと思っていたけどちゃんと
Manufacturer IDを調べたらZIMOだった。
正直スピーカのエンクロージャはESUよりもZIMOの方が良いので良かった。

ちょっと驚いたのが届いてすぐにデフォルトのアドレス3でテストしたらヘッドライトが点かなかった。
アドレスを変更したら点いたけどアナログ走行用に何かしてるのかもしれない。
マニュアルを見ると切替スイッチがあるようだけどぱっと見どこにあるか分からなかった。

 届いた日にパーツの取り付けもした。今まで購入した機関車でもっとも後付けが多かった。

ワイパーや手摺を付けると顔が引き締まった。

全面の手摺が付くだけで横から見ても結構変わる。

パーツの取り付け時に気付いたけど運転士が乗っていた。ESU製品みたいだ。




0 件のコメント:

コメントを投稿