The Nameless City: レールをMärklinにして良かったと言う話
デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
デジタル関係なくどなたでもご利用頂けます。海外通販などデジタルに関係のない話題もありますので見るだけでも価値があります!
デジタル鉄道模型に興味がある方、すでにデジタル鉄道模型を楽しんでいる方は是非登録して盛り上げてください!
鉄道模型メーカーの方は必読です、現状を知り日本の鉄道模型の発展にご協力ください。

2017年11月21日火曜日

レールをMärklinにして良かったと言う話

色々あって散らかり放題だった部屋を少しずつ整理し始めた。
Train-Safe Travelを購入したのでRailjetの一部を移しTrain-Safe Vision内も整理。


HO動力車はここに写っている車両+先日届いたVectronですべてのはず。すべてデジタル、サウンド付き。
Roco 7両、ESU 6両、Märklin 3両、Jägerndorfer 1両、Fleischmann 1両。
ちなみに他に動力車はNはFleischmannが4両、1番ゲージはKM1が1両ある。

HOに切り替えて14カ月、そこそこ揃ってきてこうして並べてみるとコレクション感ある。
欧州型鉄道模型ファンの人からすると拘りのない適当な揃え方だと思うけど、本当にその通り。

たびたび書いているけど私はまず鉄道に詳しくない。
最初は鉄道模型と言うか欧州型のミニチュア模型に魅せられたと言うのが一番適当かもしれない。
そこからDCCやサウンドの魅力に取りつかれ様々な鉄道模型を揃えるようになった。

Nを揃えていた時の音が途切れる経験からHOを始める時レールを三線式(海外ではACや3 railと書かれる)
を選択したけど最初の半年くらいは正直後悔する部分もあった。
二線式(海外ではDCや2 railと書かれる)の方が車両のラインナップも多いしレールの選択肢も多い。

そんな事やK-Gleisがひどい事からMärklinをDISる事も多かったけどECoSに切り替えMärklinの車両を
購入しはじめてからちょっと意識が変わってきた。


まずMärklinが素晴らしいと思えるのがC-Gleis。
トラブルはほとんどない、K-Gleisでは試行錯誤する部分も何も考えないで済む。
そしてこれは三線式のメリットでよく言われる事だけど二線式のようにポイントのフログや
リバース線で極性の反転の必要がない。

そして次にMärklinがすごいと思うのが動力車がサウンド付きなのに低価格。
もちろん高級なモデルもあるけど、だいたい他社製の同じ車両より安い。
例えばVectronなんかは全体的に低価格なPIKOのサウンドなしモデルにせまる価格。
そしてRocoのサウンドなしモデルとほぼ同額。
例えば今MSLでMärklinのRailpool Vectronを買うと151.40EUR(VATなし)、今の為替で2万円ほど。
もう一度書くけど完全にデジタルでサウンド付きモデルでこの価格。

日本に目を向けるとTOMIXのプレステージじゃない方より少し安いのかな?ちなみにKATOはもっと安い。
購入した事がないので塗装やパーツなどどれくらいの物なのか分からないけどどちらのメーカーも
アナログでサウンドなし。企業の体力の違いが分かる。

Märklinのダイキャストは時間が経つと劣化するなんて話もどこかで読んだけど、こればかりは時間が
経ってみないと分からない。

私が購入したMärklinの動力車はまだ3両ほど。
Märklin 37008 V100.20 DB (MHI)
Märklin 36814 Köf II als BR100 (MHI)
Märklin 39644 Tenderlokomotive BR64

写真右のKöf IIはこのサイズでデジタル、サウンド、そしてTelexカプラー搭載で
リモートでカプラーを操作できる。
左のV100もTelexカプラーだけどK-Gleisではたまにセンターレールにぶつかるので少し調整してる。
正直見た目はTelexよりESUのリモートカプラーの方がスマートだけど確実なのはTelex。

私に散々DISられ、酷使されているBR64はかなり愛着があって好きな機関車の1つ。
Railcom化とスモークジェネレータも搭載してかなり優秀な機関車。
これも蒸気機関車としてはかなり低価格。約195EURで購入してる。
ボディも簡単に外せてオイルまみれになった時に洗浄したけど、手入れがとてもしやすい。
来年Roco製の同価格帯BR64が発売されるので買って比較しようと思ってる。

当初DCの方がラインアップが多いと思っていたけどこうしてMärklinの車両も揃え始めると
逆にACの方が選択肢が圧倒的に多いのでやはりMäklinの三線式にして良かった。

とは言え今の所三線式のレールで走らせてみて最も優秀な動力車はRoco製だったりする。
K-GleisもC-Gleisもどちらもすいすい走ってくれる。
前に書いたけどこれは車輪の作りに寄る所が大きそう。

ちなみに私はDC車両も購入していてAC化したりしているけど、基本的に車輪はDCのまま使用してる。
今の所脱線などのトラブルがない、最初K-Gleisと相性が良いのかと思ったけどたぶん関係ない。




0 件のコメント:

コメントを投稿