The Nameless City: 鉄道模型の箱を整理開始
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2018年5月27日日曜日

鉄道模型の箱を整理開始

部屋が散らかっているので整理整頓。
ついでに鉄道模型を本格的に開始した2年間でたまった車両の箱もどうにかまとめようと考え中。
頭上に棚を作ったのでそこへ置けばいいやと思ったけど全然スペースが足りなかった。
とりあえず写真にでも撮ってどう整理するかじっくり考える事に。

頭上の棚その1

頭上の棚その2

頭上の棚その3

整理しきれてない残りの箱、どこに置こう・・・。

中身の半分はTrain-Safe Visionへ移してすぐに通電して車両を出すことが出来るようにしてある。

いくつかはモジュールレイアウトにのったままなのでTrain-Safeも足りない。

180㎝のTrain-Safe Travelも8本買ってあるけどもう残り2本しかない。

またサマーセールで数本追加しよう。
Travelも通電して出せるので便利だけどウレタンが結構きついのでESUの車両や貨車は両サイドが
精密すぎてしまうことが出来ない。次はまたVisionを追加するかもしれない。

そして2年前に作っていたNゲージのDCCテストモジュールレイアウトも解体開始。
まずは放置するのは勿体ないデコーダ類から取り外し。

Lenzのアクセサリーデコーダも取り外し。

しかし模型の箱はかさ張る。
同一メーカーで形がそろっていればまだ良いけど、ばらばらすぎて整理し難い。

今回撮影した写真の他に1番ゲージやコマンドステーションの箱、そしてストラクチャーの箱もある。
1番ゲージはめったに出さないので奥の方でも良いけどストラクチャーは手を付けていないものが
たくさんあるので出しやすくしておきたい。
広い家に住みたい。

追記:整理しながら写真でブログをメモ代わりに、使用頻度の低そうな箱はさらに箱へ入れて他の収納場所へ

Märklin 36187 BR193 200周年Vectron
Roco ÖBB Railjet セット
Roco ČD Railjet セット
Roco 64643 ČD Schnellzugwagen 1./2.Klasse
Roco 64645 ČD Schnellzugwagen 2.Klasse
A.C.M.E. ČD Porta Bohemicaセット
A.C.M.E. 9013345 EC65 "MOZART"セット
L.S.Models 97020 ÖBB WLABmz / WLBmzセット

ÖBB WLABmz / WLBmzセットとPorta Bohemicaの1つを入れ替えた。
将来的に目が悪くなる事も考えて外に内容物の名前を大きめにプリントして貼った。

まだインレタやパーツを取り付けていないけどしばらく手をつけなさそうなものも箱へ。
Märklin 48816 貨物と客車のセット
Märklin 39417 E41
Märklin 39644 BR64
Märklin 43173 Umbauwagen
Märklin 43183 Umbauwagen
Märklin 43184 Umbauwagen
Märklin 43193 Umbauwagen
Roco 73499 Rh1216 ČD Railjet
Roco 73234 Rh1116 ÖBB Railjet mit Kamera
Roco 79497 Rh 1216 238, ÖBB
Brawa 43921 TRAXX BR146.2

やはり1番ゲージの箱が一番場所を取る、中身は全長580mmなのでもっと小さいんだけどな。
Märklin 58026 Preußisches Personenwagen-Set

PIKOの箱も入れてしまおうかと思ったけど微妙に大きいので断念。
この3つの箱に入っている車両の中身はすべてTrain-Safe VisionとTravelに収納されてる。

これで頭上の棚の整理が完了、KATOのブック型ケースは統一感があって素晴らしい。

H0じゃ仕方がないだろうけど、このバラバラっぷりが残念。
結局Train-Safeに頼る事になるけど皆さんどうしてるんだろうか。

とりあえず車両の箱の整理は終了、あとはストラクチャー関連やレイアウト制作関連。
埃対策もちょっとしておきたいけど後回し。





2 件のコメント:

  1. こんにちは。
    鉄道模型に限らず箱問題には昔から頭を悩ませています。
    プラモデルは作ってしまうと箱は無用の長物なので、しばらく保管して飽きると捨てるを繰り返していました。
    しかし、鉄道模型の箱は収納に使えるので捨てるのも気が引けます。
    そうは言って、このまま増え続ける箱を全て保管しておくのは限界がありますよね。
    そのうち全てKATOのブックケースにしまって捨ててしまおうかと考えてます。
    HOは箱も大きいので大変ですね。

    返信削除
    返信
    1. Gutさん、こんにちは。
      そう言えばGutさんはストラクチャーの数凄いですもんね!
      流石にストラクチャーの箱は捨てましたか?
      確かに最終的な収納と考えるとやはり車両の箱は捨てがたいですね。
      Train-Safeで収納も良いですが結構値がはるのが悩みどころです。
      Nのブックケースはほんとよくできてますね。
      A3に5両入るH0ブックケースあったら良いのにと思いました!

      削除