The Nameless City: Roco 64143 SBB客車セット 地震被災品が届く
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2018年7月26日木曜日

Roco 64143 SBB客車セット 地震被災品が届く

おとといツイッターでエルマートレインが地震被災品を販売するとツイートしていた。
6月18日の地震で軽微とは言え不運にもガラスケース内の商品が一部損傷したそうで
かなり価格を下げて提供。

いつか買おうと思っていた物があり、微々たるものだろうけど応援にもなるかと思って購入する事にした。
大阪なので実物をすぐに見に行けないし、見ないで売ってくれるのか心配だったけど連絡したら
普通に売ってくれると言う事だった。
実は初の国内ショップからの購入、2年前に機関車を買おうと注文したら在庫がなかった事があり
それ以来海外から買うようになってしまったある意味きっかけのお店。

エルマートレインはこちら
http://elmer-train.com/

今回購入させてもらったのはRoco 64143 SBB客車セット、ツイートした写真を見ると2等車に2か所小傷とある。

いつもの海外から届いた時の感じで開封写真。入金確認から1日半で届くのはさすが国内ショップ。

当然だけど箱がきれい。

ぷちぷちに丁寧にくるまれた客車セット。

傷の場所がわかるように付箋を貼ってくれていた。

地震被災品と書かれた値札、海外通販に慣れた人だと通常価格がかなり高く感じるかもしれない。

たぶん定価194.9EURでもともと他のRocoの客車セットから比べても若干高いセット。
税込み28100円はVATプラス送料込み価格と考えればほぼ定価通りと言う事がわかる。
いつ売れるか分からないニッチな商品の在庫を抱えるのは大変そう。
それが税込み19000円なので海外で値引きされて売っているものより安く逆に申し訳ない。

とりあえず確認のため中身を見てみる。パッと見どこに傷があるのかわからない。

付箋の場所をよく見てみる。この写真でもまだ良くわからない。

マクロレンズに変えて撮影してようやくわかる、左から2枚目の窓の左上あたりに2か所。

更に寄った所、確かに何かの角がこすれて付いた痕のようにも見える。

しかしこれはひょっとしたら地震で出来た傷ではなく最初からあったのでは!
と思うほど海外で買うとたまに小傷があるので、この程度普通な気がする。
私は鉄道模型をはじめてまだ3年、海外のものばかり買ってきたのでこの程度まったく
気にしない人間になってしまった。
地震被災品と書かないで売っても大丈夫そうだけど、そうするとクレームが付いてしまうのだろうか。
と言うわけで申し訳ないのでそのうちまた何か普通に買おうと思います。
ツイッターはフォローしてるけど残念ながらAC版が少ないからあまりチェックしていなかった。

一応レールにも乗せてチェック、まったく問題ない。

やはりSBBの客車は美しい。

まだ買う予定じゃなかったスイス方面だけど、これで揃え始める事が決定してしまった。
欧州鉄道模型をやっている人からすると当たり前のように揃えているだろうスイス方面。
個人的にはBLSも揃えたくて、そうなると膨大な量になるのでまだ手を出さずにいた。

ちなみにBLSはBern-Lötschberg–Simplon鉄道でLötschbergbahnとRegionalverkehr Mittellandも含まれる。
山岳地帯を重連で走りまくる姿にあこがれる。

対してスイス連邦鉄道SBB、フルネームはSBB CFF FFS。
スイスでは公用語が4つあってドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語。
そのうち消滅危険度評価の高いロマンシュ語をのぞいた3か国語が公用のものには書かれる。
ドイツ語 SBB - Schweizerische Bundesbahnen
フランス語 CFF - Chemins de Fer Fédéraux Suisses
イタリア語 FFS - Ferrovie Federali Svizzere

UICコードはCHになり、前にも書いたけどスイスは略称にラテン語を用いるのでConfoederatio HelveticaでCH。
ちなみにMacOSやiOSの標準フォントでおなじみのHelveticaはスイス人タイプフェイスデザイナーによるもの。
スイスやドイツの鉄道をはじめJRの駅名など多くの場所で目にしてるフォント。




8 件のコメント:

  1. こんにちは。
    ついにSBB導入ですね。
    ようこそスイス沼へ(笑)
    震災被害品と言ってもなんら遜色ありませんね。
    私も全く気にしないタイプなので買ってみようかな。
    FleischmannのBR151DCCsoundが安くなってたので気になっています。
    ただ、ツイッターの画像にはあるけど、ホームページで発見できません。
    別口なんでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. Gutさん、こんにちは!

      スイス沼ほんと深いから怖いですね!(笑)
      注文の仕方ですが、問い合わせからツイッターの被災品のFleischmann BR151を購入したいと申し出れば大丈夫です!

      削除
  2. おはようございます。

    SBBのデザインが良いから導入したくなりますね!
    これだとVectron沼にはまりそうですね。
    エルマーさんで被災品なるものがあったなんて。
    どうみてもお買い得ですね。

    返信削除
    返信
    1. JR浜松さん、おはようございます!

      ついにSBB行ってしまいました!実はNゲージだと一番最初に購入したスタートセットがBLSだったんです。
      なので何も知らない自分が欧州鉄道模型を調べ始めたのはスイスからになります。
      そして最初に衝撃を受けたレッチュベルクレイアウトを作っている人ももちろんスイス人でした。
      しかしスイスをガチで集め始めると大変な事がすぐにわかってオーストリアと中欧、東欧に逃げてる感じです(笑)

      地震被災品は儲け度外視だと思いますが在庫を抱えるよりははけてしまった方が良いと思うのでどんどん売れて欲しいですね!

      削除
  3. エルマーさんは以前行った時に、店頭の委託中古品にはACが結構あったのですが、AC新品は少ないイメージだったので、HPは全くチェックしていませんでした。
    こちらで被災品なんてものがあるのを知り、ホームページを一通り見たところ、被災品ではありませんが、AC仕様RocoのRailjet Taurus(79531)があるではありませんか。
    RailjetはNardiさんのブログ写真に写り込む度に気になっていて、しばしばググるのですが、私の検索力では海外店でもRocoの良い在庫は見つけられず、PikoやJCを買うかいつも迷っては時間ばかり使っていました。
    2015年製品で長期在庫のようなので、何か通の人がパスする問題があるかもしれませんが、セールで少し安くなっていたので、これも縁かなとポチりました。
    初Roco機関車、初OBB、そして初Taurusです。
    客車は出物があるのを気長に待つとして、うまく巡り合わせてくれたNardiさんのブログに感謝です。

    返信削除
    返信
    1. JUNさん、こんにちは!

      前はACの中古ならあったんですね、新品はおっしゃる通りほとんど在庫抱えないみたいですね。
      大阪はHRSもありますからわざわざ競合する事もないんでしょうけど、HRSさんはRocoを扱わないと思うので私の場合RocoAC難民となります。

      RocoのRailjet Taurusのサウンド付きACがあるのは知っていましたが、購入されましたか!
      ほんとに良い物だと思いますよ!DC版はJR浜松さんが購入されてますのでこれでエルマーさんからRailjet Taurusははけた事になりそうですね。

      そして決してJUNさんの検索力がないのではありません、本当にRocoのRailjetはもう手に入りません。
      おそらくあと2,3年でまた再販されるとは思いますが、私も175周年ラッピングのRailjetなど欲しい物はまだあるのでeBayで常に検索結果がメールで来るようにしています。
      たまにeBayやModellbahnUnionで中間車が出ていますのでもし見つけたらツイッターの方でツイートします。
      今年Lippeでも3両中間車が激安で出ていた事があります。

      めぐり合わせや縁と言うのは私も大切にしていますので、このブログで貢献できて良かったです。
      私はまだ鉄道模型をはじめて間もないので最初のうちは常に在庫があるものと思っていました。
      2016年の6月にRailjetのためにNゲージからH0に切り替えた時、そうではない事を知ってすぐに在庫のあるRailjetをÖBB/ČDともに購入しました。
      ÖBBは再販されると思いますがČDが再販される可能性は相当低いので本当にラッキーでした。

      毎日のようにYoutubeの動画のコメントで、どこで買える?いくらだ?と質問がきます。
      正直うんざりする質問ですがRocoはどんどん再販すべきですね!

      個人的にはJCでも問題ないと思うのですがJCの通電カプラーはイライラカプラーだと思うのでRocoの通電カプラーに変えた方が良いかもしれません。

      削除
  4. Nardi さん こんばんは。 

    実は今年頭には何度か落札して信用できる出品者さんから、Roco Railjet68366 64050がヤフオク!で出されていたんですが、通知が来るワードから外れていて知ったのは割と安価に落札された後でした。なので個人的に少しRailjet熱が高まっていました。逃した獲物は大きく見えますよね。

    175周年ラッピングのRailjet自分も惹かれます。今日購入前の再サーチでモデルバーンの動画を見つけて存在を知りました。あったら即買いと78459で検索し倒しましたが、あるわけないですね。

    RocoAC難民ですか。普通の模型店でメルクリンを探すのも大変ですが、RocoACって殆ど国内で流通してないですよね。確かに深刻ですね。そういう意味では貴重な国内メルクリンショップも大切にしないといけないと思うんですが、利便性とお値段が、、。再生産が決まったmarklin7287も、Lippeで予約してしまいました。難しいところです。
    海外からの購入が増えるにつれ足が遠のいていますが、HRSもESUはあるようですが、Rocoはなかったと思います。

    Railjet客車はobbの公式ショップ?https://shop.oebb.at/に多分JC のセット在庫があるようですが、ACかDCかもわからないので問い合わせているところです。
    気長に探そうと思います。
    イライラカプラー、体験するのも有りかもしれませんね。

    返信削除
    返信
    1. JUNさん、こんばんは!

      ヤフオクにあったんですか!それはほんとに悔しいですね。
      逃した獲物はACですから実際に相当大きかったかもしれません(笑)
      ただ68xxxなので初代RocoのRailjet Taurusですね、私とJUNさんは2世代目なので79xxxですね。
      ちなみにご存じかもしれませんが新旧共に6000を引くとDC版の型番になります。

      175周年ラッピングはČD Railjet以上に再販率が低そうです。
      ここ2年でeBayに現れた事はなかったと思います。

      個人的にはRocoACは本家Märklinより走りが良いので気に入っていて国内で売っていたら応援の意味で買うんですが、ないですよね。
      海外通販が簡単な時代なので生き残るのも大変かと思いますが、背に腹は代えられないと言うか、なかなか国内で買う勇気がありません。

      JCのRailjetですがAC版が存在するのでDCでもひょっとしたら改造は簡単かもしれません。
      RocoのČD RailjetのAC化はとても簡単でした。

      そしてRailjetもイライラカプラーかは分かりませんがCityjetの記事をご紹介しておきます(笑)
      https://www.namelesscity.tokyo/2017/03/jagerndorfer-17402-obb-cityjet.html

      二度とやりたくないのでTrain-Safeに収納し一度も外していません。
      私の場合三回目くらいで壊す確率が100%です。


      削除