The Nameless City: Halling Motorbogieと水洗い可能レジンが届く
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2018年7月31日火曜日

Halling Motorbogieと水洗い可能レジンが届く

前に購入した天賞堂のパワートラックがデコーダを選ぶ事がわかって動きもスムーズじゃないし
思い切って別のものを購入する事にした。

闇雲に買っても仕方がないので搭載する予定のShapewaysで出力した1f Feldbahnの概要で
指定されていたHalling Motorbogie MB1610DGを探して購入した。

ドイツのものだと思うけどイギリスのmotorbogies.com以外に簡単に買えそうな所はなかった。
トラッキングから。

簡単な箱で届いた。

中に緩衝材などはなかったけど問題ない状態。

ホイールベースが23-30mm可変タイプ。フライホイールが二つ付いてるし良さそう。

そして更に届いた水洗い可能レジン。

電解コンデンサなども届いたのでまずは室内灯からやらねば。

2 件のコメント:

  1. おはようございます。
    モーター付きホイールベース可変台車やら水洗い可能レジンやら、世界には色々なものが売っていますね。
    それを探り当てて購入してしまうNardiさんも凄いです。
    以前Nardiさんが紹介していたオーストラリアのモデラーさんが作り方アップしていた静電気を使った草植え機(名前がわからんw)ですが、製作に必要なマイナスイオンジェネレータが日本では売ってません。(大抵、空気清浄機がヒットするw)
    通勤電車でググってるだけなので、あるところにはあるのでしょうが、今のところアメリカからe-bayで購入できることしかわかりませんでした。
    特定の物を探すって難しいですね。

    返信削除
    返信
    1. Gutさん、おはようございます!

      グラスアプリケーター自作ですか!それにスイスの有名な橋を自作しているGutさんの方が5万倍すごいですよ!

      Luke Towanさんは自作の強力なグラスアプリケーターを制作していますが、一応ご存じかもしれませんが市販の物もあります。

      KATOからは「芝生の達人」と言う謎の名前で出ているNOCHのGras-Masterが有名ですね。
      https://www.noch.com/en/product-categories/model-landscaping/grass-meadows-fields/gras-master-grass-applicators/gras-master-2-0.html

      あとマイナスイオンジェネレーターほど強力ではありませんがハエ取り用の電撃ラケットを流用する人も多いですね。
      Grass Applicatorで検索するとたくさん自作してる人がヒットすると思います。
      Amazonで揃えても3000円しないと思います。

      Luke Towanさんのマイナスイオンジェネレーターはリンクが張ってありました。
      http://oatleyelectronics.com/product_info.php?products_id=915
      こちらで14オーストラリアドルのようです。USドルよりかなり安いので1160円ですね!

      Gutさんのように大型レイアウトだと確かにこうしたグラスアプリケーターは必須ですよね。

      削除