The Nameless City: Jägerndorfer 17402 ÖBB Cityjet サウンドチェック
デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
デジタル関係なくどなたでもご利用頂けます。海外通販などデジタルに関係のない話題もありますので見るだけでも価値があります!
デジタル鉄道模型に興味がある方、すでにデジタル鉄道模型を楽しんでいる方は是非登録して盛り上げてください!
鉄道模型メーカーの方は必読です、現状を知り日本の鉄道模型の発展にご協力ください。

2017年3月4日土曜日

Jägerndorfer 17402 ÖBB Cityjet サウンドチェック

一昨日届いたJägerndorfer 17402 ÖBB Cityjetのサウンドをチェックする。
とりあえずR424.6mmカーブレールのオーバルで行う。
急過ぎて幌の横にあるケーブルがぶつかる、折れる前に外した方が良いかも知れない。

まずは動画から。
インバーターの音が良い。スピーカーが悪いのか音が割れるので後で調整してみよう。
音源は前にESUと同じかもと書いたけど聞いてみると違った。
Jägerndorfer製の音は発車時から高音にかけては他社と似ているけど高音になりきった
所から他社とは違う気がする。わりと静か目になって走行音がはっきり聞ける感じ。

Youtubeで他の音源を聞き比べた感じで個人的に評価すると。
LeoSound(Memoba)> ESU > Jägerndorfer
と言う感じでベストはLeoSound。

そしてJägerndorferの通電カプラーについて。
過去最高に接続し難いカプラーかもしれない。
まずレールに乗せたままでは無理なので横に倒して接続してみる。

片方は2,3分で接続できたけど。

もう片方は10分くらい格闘したかもしれない。
よく見るとガイドになるバーが微妙に浮いている。

ガッチリつながるとはいえ8pinの端子は難しい。

ガイドを調整したりするうちにコツをつかんできた。
下から上にかけて差し込むとスムーズに入る気がする。

0 件のコメント:

コメントを投稿