The Nameless City: Team ÖBBとTrain-Safe vision
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2017年3月6日月曜日

Team ÖBBとTrain-Safe vision

ÖBB Cityjetを900mm Train-Safe visionに入れてみるとほぼほぼぴったり。
三段すべてÖBBにしてみた。名付けてTeam ÖBB。
客車は基本303mmなので3両入れると溢れてしまう。
下の二つはTaurusが短い分900mmに収める事が出来ている。

こうしてみるとオーストリアのナショナルカラーである明るい赤が統一して入っているのがわかる。
Railjetはワインレッドだけどラインの色が明るい赤になっている。
とは言えメーカーがRailjet客車とTaurus2種がROCO、二階建て寝台車がL.S.models、
そしてCityjetがJägerndorferなので微妙に色が違うかもしれない。

そしてここにNightjetが加わればÖBB JET兄弟が揃うけど買うかは未定。
ちなみにこの二階建て寝台車も前に書いた通りNightjetカラーに真っ先になったようだ。


出たら買うだろうな・・・。

と言いつつ去年は買い過ぎた感があるので今年は制作を重視し車両は少なめな買い物にしようと思う。

仕事のあいまに時間を作って鉄道模型関係を整理整頓。

ESU PullmanシリーズのEilzugwagenは買ってから全然開けていないけど、これは単純に
ESUがタイミングよくパワーパックを新製品に切り替えていて販売中止になり新製品待ちを
していて照明を仕込むタイミングを逃したと言う問題。

モジュールの2枚目の電気関係を整理したらいよいよ情景制作に入る予定。


0 件のコメント:

コメントを投稿