The Nameless City: ESU 31230 Baureihe V90 などが届く
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2018年6月8日金曜日

ESU 31230 Baureihe V90 などが届く

プライオリティは低かったけどいつか買おうと思っていたESUのV90が届いた。
すでにMärklinのV100を持っているので似ているしまだ良いかなと思っていたけどModellbahnUnionが
店舗移転に伴って在庫整理を先月末にはじめて13%オフセールを3日間行い良い機会なので購入。

トラッキングから、次回購入する時はModellbahnUnionは引っ越してそう。

買ったものに対してかなり大きな箱で来た。

今回の梱包は当たり、たまにしっかりした梱包をしてくれるModellbahnUnion。

ESU製品だからと思うけど、前にESUのV200を購入した時はレールが曲がっていた。

今回購入したもの。V90は去年のモデルなので箱が古いタイプ。
ESU 31230  Baureihe V90
TRIX 24050 Schienen-Reinigungswagen

また購入したレールクリーニングカー。良く汚れが落ちるので2両体制で行く事にした。

RailComでばっちり読み込み。

せっかくなのでMärklinのV100と並べてみる、V100も出来が良いと思っていたけど
ESUと並べてしまうとおもちゃにみえる。

まず気になるのはやはりファンやスリット。V90はとても細かい、ただしファンはダミー。
購入額はV100が10%オフだったので240EUR、V90が13%オフだったので280EUR。

ESUのデジタルカプラーとMärklinのテレックスカプラーの比較。
上から見ると対した差ではないけどテレックスは下に飛び出ている磁石が大きくて
センターレールに当たる事がある。自社製品なのに・・・。

ESUのV90が気になるのが質感のためかステップに本当にゴムが貼られてるので劣化や汚れがすごそう。

ESU製品おなじみ、のっぺらぼう運転士もいる。

Wikipediaで数字的には知っていたけど実際に見るとV100とV90の大きさの違いが良く分かる。

V100と比べちゃ悪いけどやはりESUのサウンドはすごい、相変わらずずっと聞いていたくなるサウンド。
サウンドやスモークジェネレータの差を考えるとたった40EURの違いと言うのは驚き。

今日はウェブカメラも届くのでCameraS88もテストしよう。


0 件のコメント:

コメントを投稿