The Nameless City: C11 蒸気機関車にサウンドデコーダを搭載する

2019年1月20日日曜日

C11 蒸気機関車にサウンドデコーダを搭載する

まずは全然タイトルと関係ないÖBB Railjet "Spirit of Venezia" の動画を作成したのでこちらから。

Kuma氏のDCCサウンド&ハイディテール化(2019.02.10追記)

前後してしまいますがKuma氏のC11のDCCサウンドとハイディテール化の分かりやすい
解説、そして超絶技法が見れるまとめは下記ツイートのTogetterからどうぞ!


天賞堂51043 C11 171号機 JR北海道 DCCサウンドデコーダ搭載

いつものような前置きを書きつつさっそくデコーダ搭載のメモ。
実は個人的にリスペクトする超絶技巧モデラーのKumaさんが先にC11を購入していたのでDCC化するのを
待ってからやろうと思っていたけど最近の色々があって早めにやってしまう事にした。

まずはツイッターにアップした動画から。


最初あまりのディテールに触るのも怖かった天賞堂のC11だけど、一度開けてしまうと怖くなくなった。

開け方は簡単、裏からビスで止めてあるだけ、ただボディ全体に細かいパーツがついているので
置く時はパーツが地に付かないようにした。

キャブ下にある基板にNEM652 8pinコネクタが用意されてる。
購入時はアナログ走行用の基板が刺さっている。

基板を取り除きあらかじめC11のサウンドをインストールしたESU LokSound V4を刺してテスト。
サウンドデータ頒布元 https://desktopstation.net/sounds/

基板の下にはスピーカーを搭載できそうなマウントパーツがある。

ESU LokSound V4に付属のスピーカーがぴったり収まる。

しかし付属のスピーカーは微妙なので別のスピーカーを検討する。
まずはスピーカー用のマウントパーツを外して空間を確保。

私の購入してるLokSound V4 はフルサイズだけどキャブに入る事は事前に確認済み。
しかし大きなスピーカーを乗せたい場合キャブの方が空間が大きいのでデコーダをもともと
スピーカーを設置するであろうスペースへ搭載してみる。

ぐいぐい押し込んでこんな感じに、モーター側ギリギリだったのでボディ側の火室下側を5mmほど切断。

キャブ側にZimoの13x13x18mmが入る、もちろんキャブ内を犠牲にするので見た目が悪くなる。
これは私が今回インテリアを潰してでも音重視にしたいのであって作りこまれたインテリアを
嫌っているわけではないです。(こういう事を書かないとなぜか否定される)

塗装もされた素晴らしい椅子もあるけどスピーカー搭載のため取ってしまう。

作業中カプラーがポロッと取れてしまって、折れたかな?と思ったけど取れたビスで同じように
とめてみたけどとまらない。
どうもビスの長さが短い様子なので仕方なくボディをとめている長いビスを代用した。

この後、若干動きがギクシャクしたのでLokSound V4の標準機能であるBEMFのオートアジャストをした。
CV54を0にしてから、120㎝くらいの直線レールを用意してF1を押す。
すると勢い良く進み自動で停止する、これで自動でBEMFの設定がされる。
もういちどCV54を読み込むと変わってるのがわかる。

あと集電が動輪だけのようなので、あとで他からも取れるように改造しようと思う。





0 件のコメント:

コメントを投稿