The Nameless City: FALLER 120122 Reiterstellwerk Konstanz 制作
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2017年5月22日月曜日

FALLER 120122 Reiterstellwerk Konstanz 制作

前回に引き続きストラクチャの制作を進める。
今回も去年7月に購入したFALLER 120122 Reiterstellwerk Konstanz。

写真右上の信号所、これは実際に展示されている歴史的な信号所。

今回はじっくり作ったので写真を撮りながら進めてみた。
細かいパーツが大量に続く。ただ設置の仕方はある程度自由。

自分はマニュアル通りの配置にしたけどパーツ自体余裕があるので分かる人はうまく組み合わせられる
のかもしれない。この後さらに細かいパーツが付くので先に塗装する事にした。

実物の写真を見るときれいに塗装されていて写真から歴史は感じられない。
プラスチックのグレーが一番近い色だけど、自分はあえてガンメタに塗ってみた。

ついでに前回のストレージのクレーン部分にもガンメタを縫ってみた。
テカり方が良い感じだけど暗すぎるかもしれない。

全体的に簡単なスミ入れもしてみた。床部分は色々設置する予定なのでまだ仮の状態。

操作盤やレバーなど細かく塗装してみた。
実物はシンプルに青だけだったりするけど、他の信号所を参考に色を変えてみた。

外壁はPROSESのマグネットクランプが大活躍。
 床には照明用の穴が最初からあいていてやさしい。
先日買ったWoodland ScenicsのLEDはコネクタなど結線済みなので通らない。あとで分解しなければ。

とりあえず設置してみて様子をみる。塗装はまだ塗り難い所だけ。
中の操作盤などは暗くてまったく見えない、照明を早く仕込みたい。

立体的になるとレイアウトも生き生きしてくる気がする。

信号所の内装セットを別で購入しているけど、操作盤やレバー、机、椅子など最初からある程度ついている。
内装セットは買わなくて良かったかもしれない。

次は更に細かい建物の制作。



0 件のコメント:

コメントを投稿