The Nameless City: レイアウトデザインソフトSCARMメジャーリリース
デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
デジタル関係なくどなたでもご利用頂けます。海外通販などデジタルに関係のない話題もあります。
デジタル鉄道模型に興味がある方、すでにデジタル鉄道模型を楽しんでいる方は是非登録して盛り上げてください!

2017年8月17日木曜日

レイアウトデザインソフトSCARMメジャーリリース

最近色々思う所がありNゲージのDCCレイアウトをもう一度考えてみようと思っていて
何となくSCARMを立ち上げたらv1.0.0が来ている事に気付いた。

SCARMは2016年2月7日の「SCARMでDCC用レイアウトを考える」で初めて使用。
バージョンは0.9.32だった。
そして先月の2017年7月30日にメジャーリリース。

去年6月にはTodaProductionさんによって日本語化もされ公式サイトも日本語対応に。

1.0.0になり3D Viewerなど一部機能が有料化、今までもDonate出来たけどライセンス化は素晴らしい。
やはり優秀な作者にはしっかり支払っていきたい。
今までとほとんど変わり映えはしないけどAutomatic full-size printoutは便利だ。
前はフルサイズ化するの大変だった。

SCARMアカウントを作ってPaypalアカウントもあればすぐにライセンスを発行してくれる。

ライセンスキーをダウンロードしてダブルクリックで有効化するけど、そのまま立ち上げると
認証されていなかった。毎回「管理者として実行」をする必要があるようだ。(Windows 10 Proにて)



0 件のコメント:

コメントを投稿