The Nameless City: ESU ECoS 4.2.2 / MobileControl II 1.3.3 アップデート
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2018年1月12日金曜日

ESU ECoS 4.2.2 / MobileControl II 1.3.3 アップデート

一昨日ESU製品のアップデートが来ていたけどすぐに適応するのは怖いので2日ほど待ってからアップデート。

ESU公式サイトで内容を確認するとECoSが4.2.2ファームウェアで機関車アイコンの追加と
ジョイスティックにファンクションを自分で割り当てられるようになったようだ。
Mobile Control IIはソフトウェアが1.1.3になりやはり画像の追加。
そしてWi-Fi Keep Aliveアプリが追加された。
実はWiFiが途切れるのは私自身の環境のせいだと思っていたので毎回接続しなおしていたけど
問題視されていたのかアプリで何とかする事にしたようだ。

まずはECoSから、データをバックアップしてからファームウェアアップデートを実行。
データのバックアップはメニューのStore Configurationで出来る。
バックアップから戻したい場合はRestoreの方で実行する。

ファームウェアアップデート中のECoSの画面。

 アップデートが成功すると自動でリブートする。

バージョンを確認して終了。

 Mobile Control IIもアップデート。

本文とは全然関係ないけど昨日またポイントのガタガタ対策を少しずつ始めていて
ESUのEilzugwagenを動かしていたら1両だけまた点灯しなくなってしまった。
動かしている時は接触不良かな?くらいに思っていたんだけど後になって考えてみたら
点灯しなくなった車両とBR64をつないでいて、そのBR64のカプラーは金属のループカプラーで
通電カプラーをショートさせてしまったのが原因かもしれない。
ESUの通電カプラーは互換性があるからと何も考えていなかった、完全にケアレスミス。

あっという間に3個壊してしまった。6個中3個壊すと言う恥ずかしい結果に。
またやりそうなミスなので金属製ループカプラーはすべてユニバーサルカプラーに変える事にする。
3年間ほぼ独学でやって来ているのでこうした失敗は本当に多い。
しかし失敗から学ぶ事は多い、といつも自分で納得してる。





0 件のコメント:

コメントを投稿