The Nameless City: HOモジュール41:Welberg Sceneryで緑化開始
本ブログをRSS登録されている方へ:URLのあたまがhttpsになりました。
ご面倒ではございますが、http→httpsへ変更お願いします。

デジタル鉄道模型フォーラムのご案内 http://desktopstation.net/bb/index.php
DCC電子工作連合のご案内 https://desktopstation.net/tmi/index.html

2018年1月26日金曜日

HOモジュール41:Welberg Sceneryで緑化開始

余裕のあるうちに進めたい事の1つに緑化がある、出来れば緑化は最後の楽しみにと思っていたけど
また動画を収録しようと思っているので少しやる事にした。

収録に先立ちライティングの見直しをしていて緑がないとカラコレ、カラーグレーディングの
参照するものが少ない事に気付いた。
緑化は本当はNOCHのGrass Masterを使いたいけど、このモジュールレイアウトでは緑化する面積が
少ないし時間短縮のために完成品を使う方向にしていた。

だいぶ前に購入している緑化された地面の完成品、Silhouette 734-21HとWelberg SceneryのM14。
Welberg Sceneryに至っては2016年7月27日に購入していた。1年以上寝かせていたもの。

Silhouette 734-21Hは量が多いので買っていたものだけど実際設置してみるとかなり厚みがある。
左がSilhouette 734-21H、右がWelberg Scenery M14。

今回はWelberg SceneryのM14で行く事にした。KöF IIを置いて撮影してみる。

今回緑化するのはモジュールの端の部分だけ、やはり緑化されるとかなり見栄えが変わって楽しくなってきた。

架線柱の土台が20mmなので、その幅に合わせてハサミでちょきちょき切ってから貼って行った。

バラストとの間の処理は後程するけど、これだけでもだいぶいい感じに。

慎重にやっても10分くらいで端を埋める事が出来た。時間短縮すぎ。

さらにWelberg Scenery SAMGを設置する。

KöF IIとWelberg Scenery SAMGのインスタ映えポイント。

緑の物に高さがあると影も良い感じになって生き生きしてくる気がする。

まだ変更するかもしれないので、とりあえずテストで2本だけ植えてインスタポイントは今の所2カ所のみ。

俯瞰で見るとだいぶ印象が変わった。やはり緑化は大切だ。

いつか大規模なレイアウトを作る時は様々な季節、場所を作ってみたい。
夢のまた夢だけど。



0 件のコメント:

コメントを投稿